So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

2018年式避けるべき13もの新車?! [日常]

昨日の今日ですが、N大学の監督が先方に謝罪後取材に応じたようですが、危惧したように本質からずれたネット上の記事が気になります。TVでどう報道されたか知る由もありませんが、関係のない人の感情に頼ったコメントは論点をブレさせます。しかし日本は謝罪ありき、の文化であることを再認識しました。以前見た阿部サダヲ主演の映画「謝罪の王様」を思い出しました。

さて気になった記事。避けたほうがいいと言われる13の新車です。

13 NEW CARS TO AVOID IN 2018

アメリカ、特に大都市以外では車は生活必需品。新車であれ中古車であれ、どれがいいかは常に気になります。私自身、車に疎いので何がどういいのかよくわからない時は、こういうレポートが参考になります。燃費やデザイン、走行性能がどうであれ、これが一番いい、と納得してお金払えればいいんですけどね。

日本車も入っていますが、こういうレポート、車関係の人はドキドキで読まれるのでしょうね。私の場合だと、やるべきでない研究の傾向、とか言われて自分のが入っていたらひどく落ち込むでしょうから。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

話題になっているN大アメフットのこと、私感 [日常]

ここ2週間、大学アメリカンフットボールの試合で起きたことで話題がつきないそうです。非常に皮肉なことですが、ここまでこの競技が日本でニュースになったことは私の知る限りなかったと思います。私自身高校、大学、社会人でその競技をしていた経験者ですし、赤いユニフォームのチームとも何度か対戦しましたから、全くの素人ではない、という前提でここに私なりの感想を書きます。ただ私がプレーしたのは20年以上前の話であり、アメリカに来てからはこちらの試合しか見ていないので、最近の日本のフットボールの状況はわかりかねますこと、ご了承下さい。

1つ目、最初のプレーそのものに対しては巷のニュースになっている通りの見解です。レイトヒットにしても遅すぎますし、QBが投げていたのを目視していたように見えました。しかも審判の目の前そして相手のサイドラインの近くで行うとは、反則するにしても(言葉は悪いですが)下手すぎます。

2つ目、関学は紳士、悪く言えば大人しいです。アメリカであのプレーが目の前で起きたら、サイドラインからすぐに大勢の人が押し寄せて該当の選手をボコボコにするはずです。

3つ目、SNS、マスコミによる事件の拡散は時代の流れだと思いますが、的はずれの記事もかなり見かけます。例えば安倍政権との関連性を示したり、アメリカでも話題になってるとか言ったり。問題解決にむけて本質のみを議論することを希望します。

4つ目、想像ですが該当の選手は実は情に厚く、精神的に弱いのでは?例は悪く組織も違うので同列に論ずるには横暴かもしれませんが、某STAP細胞で話題になった方とは大違いです。あるまじき行為、という点で彼女は今回の選手以上に科学界では罪が重いと思いますが、それを認めず自己保身に走り、挙句の果てに本を出したり、最近ではグラビアにも出た(らしい)始末。私見ではN大の選手の方がはるかに情状酌量の余地があります。彼が勇気を出して本当のことを話した上で謝罪することを期待しています。

5つ目、18日現在まででの見解ですがN大学の対応の悪さは驚きました。残念ながら火に油を注いだのは彼らの感があります。

落としどころがどこになるか非常に心配なところですが、一日も早く解決に向かうことを願います。そして今後こういった話題ではなく競技としてアメリカンフットボールが注目されることを祈りたいです。また日本版NCAAがどうのこうの、という話題も聞いたことがありますが、マーケティングだけでなくこういうことにも対応出来る組織になることを望みたいです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

I-485 supplement Jを受け取ったというI-797Cが届いた [グリーンカード]

今日郵便箱を開けるとUSCISから文書が届いていました。なんの文書だと思って開けるとI-485Jを受け取ったことを確認するI-797Cでした。I-485の補足の文書なんだから「fee waived」となるのは当たり前だと思うのですが、ちょっとびっくりしたのはこのような文書が送られてきたこと。4/19/2018のブログ(I-485のRFEに対する返答を受け取った、と連絡が来た)を見ればわかりますが、前回のメールでの通達ではそんなこと一言も書いていませんでした。またあらためてメールやテキストでも「文書を送った」という予告通知もありませんでした。

さらにびっくりしたのが、I-485 Supplement Jに対してI-485とは違うReceipt Numberを振られたこと。I-485はもともとテキサスのサービスセンターに送ったのでレシートはSRCで始まる番号でしたが、何かの都合で今回ミズーリのそれに転送され、番号はMSCで始まるものになっていました。でも彼らの都合を鑑みればこれら二つの文書は同時に送られるべきで、異なる番号を振ると自らが混乱するのでは、と思うのですが、大丈夫でしょうか。

一応新しいReceipt NumberでUSCISのオンラインステイタスを確認すると、また違うメッセージを見つけることが出来ました。

Fees Were Waived

On April 19, 2018, we received your case and waived the filing fee for your Form I-485J, Confirmation of Bona Fide Job Offer or Request for Job Portability Under INA Section 204(j), Receipt Number MSCxxxxxxxxxx. We mailed you a notice describing how we will process your case. Please follow the instructions in the notice. If you do not receive your receipt notice by May 19, 2018, please call the USCIS Contact Center at 1-800-375-5283. If you move, go to www.uscis.gov/addresschange to give us your new mailing address.

あのう、すごくギリギリに届いたのと、そもそも送られるのも知らなかったし、新しい番号が振られたので届かなかったらこの文書の存在も知らないのですが。さらにReceived Dateが4/19/18なのにNotice Dateは5/9/2018でレスポンスすごい遅いですし。

USCISとのやり取り、システムに信頼性がなく不安ばかりです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の3件 | -

おススメ