So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

日本のプロ野球のプレーオフ、私感 [日常]

プロ野球は今、プレーオフの真っ盛りであり、MLBではリーグ別の決勝戦で盛り上がっています。プレミアム感が出ているためか4大ネットワークで放送されていないので家では試合を見ていないけど、結果を見るだけでもメジャー30球団の中の今年のベスト4なわけで、確かにレベルが高いように思います。

ところが日本はどうでしょう?12球団のうち6球団がプレーオフ?残念ながらレギュラーシーズンの価値が下がっている気がします。プレーオフを増やして収入増を狙うのもいいですが、観る側としては1位が待たされて試合勘がどうのこうの、と言われる記事を目にすると、このままでいいのかなと思ってしまいます。

日本国内でプロ野球を続ける、球団数も変えない、という想定にすると2リーグ制をやめて3地区に分け、1地区辺り4チームで争うレギュラーシーズンにするという案はどうでしょうか?もちろん交流戦をやって出来るだけ均等に色々なチームと試合するようにし、プレーオフは地区1位(全体でも勝率1位)対ワイルドカード(2位のチームのうち最高勝率のチーム)、地区1位(勝率2位)対地区1位(勝率3位)。で最後に日本シリーズやればまだいいんじゃないんでしょうか?

それではどのように地区を振り分けるか?という問題も発生するかもしれませんが、所詮時差のない日本国内の移動。この点ではどう配置しても負担は大したことないかと思います。どなたかご検討下さい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

Change of Statusに関してI-485を郵送 [グリーンカード]

時間があればすぐにでも終えていたかと思いますが、論文レビューや授業、大学院生の総合試験、生徒へのアドバイジングなどに振り回されること度々。ようやく時間を見つけて書類を完成させ、今晩FedexにてUSCISに郵送することが出来ました。やっとまた一つモヤモヤを解消出来ました。後は無事受理されて、変更出来ることを祈るのみです。

私の場合雇用(大学)を通じての申請で、すでにI-140がapprovedされたことを証明するI-797がある状態で私と家内のステイタス変更をお願いするものです。弁護士を通さず自分ですべて書類を用意しましたので、弁護士費用的には二人で$2,250ほど節約したことになります。また、まだ完全に受理されたわけではないので、現時点での備忘録です。

私が提出したもの
1.ファイリング費用の小切手($1,225、バイオメトリクス費用含む)
2.Form G1145(メイルやテキストでも連絡をもらうため)
3.Form I-485
4.Form I-765
5.Form I-693(診断書が入った封筒)
6.I-140が承認されたことを示すI-797のコピー
7.I-485とI-765のための写真、合計4枚
8.パスポートのIDページとビザ(F1及びH1B)及び米国出入国時のスタンプページのコピー
9.戸籍謄本とその翻訳のコピー
10.最新のI-94のコピー
11.H-1B取得を受理されたときのI-797のコピー
12.I-20とOPT期間中のEADのコピー(アメリカ大学在籍時)
13.現在の雇用を示す手紙と最近の給与支払書のコピー
14.タックスリターンとW-2のコピー

家内の申請書のために用意したもの
1.ファイリング費用の小切手($1,225、バイオメトリクス費用含む)
2.Form G1145(メイルやテキストでも連絡をもらうため)
3.Form I-485
4.Form I-765
5.Form I-693(診断書が入った封筒)
6.Form 1-134
7.I-140が承認されたことを示すI-797のコピー
8.I-485とI-765のための写真、合計4枚
9.パスポートのIDページとビザ(F2及びH4)及び米国出入国時のスタンプページのコピー
10.戸籍謄本とその翻訳のコピー
11.最新のI-94のコピー
12.I-20のコピー

I-131はH1Bがしばらく有効なので今回意識的に同時には申請しませんでした。

参考にしたサイトは以下の通り
I-485, Application to Register Permanent Residence or Adjust Status
I-765, Application for Employment Authorization
(結局はここの説明を納得するまでくまなく読みました)
Adjustment of Status (I-485) Application Procedure(G-325Aが入っているので少し古いです)
I-485 Checklist(上と同じく最新ではないです)

USCISのインストラクションを読めばほとんどのことがわかりますが、私が迷ったのは2点。

1.家内が働く予定が現在ないため私のサポート下で過ごすことになるが、それを示す書類がI-864(これはすでにアメリカ市民がサポートする場合。、例えば結婚による申請時)とは思えなかったこと。それでは必要ないのかとも思ったが、I-140をやってもらった弁護士に訪ねたらI-485のインストラクションにはないがI-134を出して下さい、というアドバイスでした。

2.家内のI-765、20. Eligibility Category、最初読んだとき彼女の現在のステイタスがH4なので(c)(26)と思ったのですが、I-485と同時に申請するときは(c)(9)でした。個人的にはI-765インストラクションを読んでもややここしかったので、以下のUSCISページを参考にした方がいいかと思いました。

Employment Authorization

最後に今晩Fedexで使ったお金はコピー代金$24.51に郵送代$42.5(standard overnight)でした。また以下のページを読んでおくことをお薦めします。

Form Filling Tips

私の場合、彼らが推奨するようにページ上を2つ穴開けパンチを使って穴を開け、紙を挟む金具9Fastener)ですべての紙を綴じました。また一番下には参照となるExhibitの番号と各ページ数(e.g. page 1 of 4)を書いておきました。またどのExhibitがどのページから始まるか、ページ下にスティッキータブを使ってしおりのようなものを作りました。最後にカバーレターと封筒の上にはOriginal Submissionと書き、I-485の申請であることを明記しておきました。

穴あけパンチ(2穴):Office Depot、約$20
Paper Fastener Sets (1" prong、50 count):Office Depot、約$5
スティッキータブ:AVERY UltraTabs (2-sided writable, Smudge-Free)、Walmart、3ドルちょっと
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ハロウィーン前のトレジョ商品 [トレーダージョーズ]

先日バトンルージュに行った際、トレーダージョーズにも立ち寄りました。ハロウィーンが近いこともあり、飾り付けや商品もそれ向けのものが多かった気がします。

TJ_halloween_2017.jpg

ただ私があまりパンプキン味のもの、好きではないんです。コーヒーはコーヒー味のままでいいし、チョコはチョコ味のままでいいのです。季節もの、とはわかっていますが、今回は手を伸ばしませんでした。でもようやくこのあたりでも朝晩気温が下がってきて、秋を感じさせてくれます。ハロウィーンももうすぐです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の3件 | -