So-net無料ブログ作成
検索選択

ニューヨーク近代美術館(MoMA)へ [遊び、観光]

7月1日から9月2日までは金曜日の夕方4時から夜9時までニューヨーク近代美術館に無料(ユニクロ・フリーフライデーナイト!)で入れるので、夕食後行ってきました。ユニクロさん有難う、だけどスポンサー料ってどのくらいなのでしょうか?

MoMA
11 West 53 Street, New York, NY 10019

ユニクロのNY軍艦店がある(宣伝しておく)5番街の角から歩いてすぐです。ちなみに絵画見た後、ユニクロ寄って(この日は普段9時のところ9時半までオープン)買い物をし、少しながらもお礼をしておきました。

さて私は絵画に疎いですが、MoMAの5階は教科書に載っていた、誰でも知っている絵がたくさん展示してあり圧巻です。

ゴッホ、星月夜(【作品解説】ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ「星月夜」
moma1.jpg

この絵が今夜の一番人気だったかと思います。ものすごい人だかりで正面から絵を見ることができませんでした。左手間の木はイトスギだそうですが、この木ならルイジアナでたくさん見ることができます(笑)。確かに不気味な木です。

ピカソ、アヴィニョンの娘たち(【作品解説】パブロ・ピカソ「アヴィニョンの娘たち」
moma2.jpg

「娘たち」という題名にしたのは大人の理由で本来は「売春宿の女たち」だったそうです。なるほど。

ピカソ、スタジオ(Collection Online、日本語解説があったら教えて下さい)
moma3.jpg

このあたりからキュービズムが強くなっていく感じがしています。目が3つあるのは何故でしょう?

ピカソ、3人の音楽家(Musey: 三人の音楽家
moma4.jpg

素人として一番右の人は音楽家とは思えないのですが、何なんでしょう?

ピカソ、鏡の前の少女(【作品解説】パブロ・ピカソ「鏡の前の少女」
moma5.jpg

ピカソの愛人、Marie-Thérèse Walterを書いたものだそうですが、この時ピカソ46歳、女の子17歳。彼の精神的な若々しさを見習わないといけません(笑)。

ピカソの作品はこれだけでなく、またマティスのそれもたくさんありました。よくわからないのですが、でもキュービズムの絵って興味がわきます。一体何を描こうとしたんだろう?と想像するのが楽しいところです。確か高校の英語の教科書でピカソとキュービズムについての章があり、それを読んだ影響もあるかもしれません。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。