So-net無料ブログ作成

ハロウィーン肩透かし [日常]

今日はハロウィーンでしたが、あいにくの雨。うちのアパート
では出来るだけ子供たちのためにお菓子用意してあげてね、
というのでお菓子を用意しておいたんだけど、大雨で誰も
来ませんでした。先週と同じぐらい大雨だから仕方ないけど。

でも待ってたのにー。ちゃんと飾り付けもして。

halloween.jpg

ふててスタバに行くと、ハロウィーン仕様のフラペチーノが
あったので、それを買いました。あまーい。

staba_halloween.jpg

アメリカに来てハロウィーンにお菓子を用意したのは3度目ぐらい
ですが、1度も渡せてません。いつになったらコミュニティーに
貢献出来るか。。。

フレンチベーカリー@ラフィエット [日常]

本格的なフレンチベーカリーのお店に立ち寄りました。
ダウンタウンのお店です。

Pouparts Bakery & Bistro
100 E. Vermilion Street suite# 130
Lafayette, Louisiana 70501

map_Pouparts Bakery.jpg

(注:ラフィエットにもう1件あるようです。こちらの大きいかな)
1902 West Pinhook Road
Lafayette, Louisiana 70508

以前フレンチプレスに来て、その周りも散歩したときに
見つけたお店です。今日初めて来ました。

HPによると元ホテルだったそうです。
bread1.jpg

中庭がご飯を食べられるところ。
bread2.jpg
bread3.jpg

今日はクロワッサンだけを買って帰りましたが、今度は
ゆっくり昼食かお茶をしにきたいと思いました。HPによると
ここのシェフはパリで働いた後、1965年にルイジアナに来て
このお店を開いたようです。確かにお店の人、フランス語
訛りの英語だったな。

因みにダウンタウンのお店、HPでは5時半まで開いている
って書いてあるけど、実際は午後3時で閉まってました。
ご注意を。

アムトラックとグレイハウンドのラフィエット駅 [日常]

大学から一番近い郵便局を探していったら、そこは駅でした。
ここはグレイハウンドバスとアムトラック、両方の駅が隣通しで
あります。

こんなこと言って失礼ですが、NYとかを大都市を除いて、
一番まともで、きれいな施設でした。新しいのかな。
待合室も清潔感がありました。

amtrack_lafayette0.jpg

駅のホームに立ち寄ってみました。ここからは東には
ニューオリンズ、西だとヒューストン経由でロスアンジェルス
まで行けます。

amtrack_lafayette1.jpg

ホームから線路を眺める
amtrack_lafayette2.jpg

時間はかかるけど、のんびり列車の旅をしてみたいです。
アムトラックはDCとボルチモア間でしか乗った記憶がありません。

グレイハウンドバスの出発はこんな感じ。
amtrack_lafayette3.jpg

ボケーっと旅に出たくなりました。

WSJの対応の良さ、感動 [日常]

今朝もいつも通りドアを開けて新聞を取ると、いつもと
厚さが少し違って薄い。大学行く直前だったので、まぁ
気のせいかと思ってそのまま持っていって読もうとしたら
購読しているWSJではなく、地元のローカル新聞だった。

たまには地元ネタ満載の新聞でもいいんだけど、これが
毎日続くと嫌なのでWSJに確認願います、とだけメール
入れておいたら、すぐに受信確認メール、そして数時間後
にはローカルな配送屋さんに問題を報告し、さらに購読を
届かなかった分1日伸ばします、というメールが来た。
日本だと当たり前なんだけど、アメリカでここまでされると
非常に嬉しいというかすがすがしく、信頼できる。

以前書いたとおり、飛行機会社のマイレージで今回WSJ
を購読してみたが、情報のみならず、使い勝手の良さ
(Webなら日本語版も英語版も閲覧可能)で非常にいい
買い物をしたなと思ってる。カスタマーサポートも米国で
受けたサービスで知る限り最高のレベルです。

多少高くてもアメリカ在住の方々にお勧めです。

ハリケーン・パトリシアによる被害@ラフィエット [日常]

観測史上最高(最悪?)ともいえるハリケーン・パトリシア
がここルイジアナも通過したようです。すでに熱帯低気圧に
変わっていたようですが、雨がすごかった。日曜日は全く
外に出ず部屋にいましたが、バスルームからなにやら音が
する、と思ったら天井が水が滴っていました。

えっと、ケンタッキーから通算してここ2年で3度目です、アパート
内の水漏れ。アパートの部屋選びで全くついていない。

ただまだバスルームだったので、下は撥水性のタイル
だし、まだ天井が破れたわけではないのでましでした。
日曜だったけれどすぐにアパート側に連絡し、修理のお願い。
でも電話はかかってきたけど、今日は直せずまずはバケツ
置いておいて、といわれただけでした。もうやってたけどね。

夜になると小雨になり、水漏れもほとんどなくなりましたが、
天井が落ちてこないことを祈るばかりです。

ラフィエット、直撃は避けたみたい(下図)
patricia.jpg

スタバ以外でお茶するところ [日常]

友人とお茶するために、普段とは違うところに行きました。

Indulge: A Sweet Spot
1921 Kaliste Saloom Rd #111, Lafayette, LA 70508
indulge0.jpg

実はラッフルチケット(資金集めのため)というのを生徒から
買っていたため、10月中そのチケットを提出すればお茶が
出来る仕組みだったのです。

ルイビルの時のGhyslainを思い起こす、洋菓子のお店でした。

アイス、ケーキ、コーヒーに紅茶
indulge2.jpg

チョコレート
indulge1.jpg

コーヒーはお代わり自由で、Wifiも十分に速く実用的。
しかも平日夜10時まで開いているので、夕飯後の夜お茶に
持って来いかも。

ちなみに土曜日昼間はひっきりなしに子供連れのお客さん
が来ていました。ケーキ、美味しかったです。

遺伝子改良されて色着きの魚 [日常]

用があって観賞用の魚を売るお店に立ち寄りました。

Tropical Fish Bowl
201 Westmark Blvd # C, Lafayette, LA 70506

色々と教えてくれて接客は非常によかったです。
花粉症にやられて鼻水が止まらない店員さんでしたが。

水槽を見ると久しぶりに金魚がいました。何だか懐かしい
です。英語でもGold fishでした。出目金もいました。

kingyo.jpg

ゼブラフィッシュを見ると、あれ、色がついている。
fish.jpg

店員さんによると遺伝子組換えしたもので、色は落ちないよ、だとか。
そういう問題じゃなくて、倫理的に大丈夫なんですかね?

P.S. 日本だと購入した店舗に返品するよう環境省が要請しているらしい。

スタバ、ボーナススターキャンペーン中 [日常]

今週は20日から23日までスタバ強化週間で、行けばいくほど
普段より多くの星がもらえる。3日連続行けば5つの星、4日
連続で行けば8つの星となるはずなので、余裕があれば行く
ことにする。スタバの営業にやられるがままなのだが、何気
にあそこのコーヒーが好きなので仕方がない。

近所のスタバはこんな感じ
staba.jpg

これだけだと寂しいので、先日行ったLSUのバスケ場内の
写真も掲載。バレーボールの試合後、コロシアムの中見たい
なと思って入って行ったら、誰にも止められずコートまで行けた。

シャッキーオニール(33)等が表彰されてるのがわかる。
LSUhoop.jpg

NYのレストランでチップ廃止の件で私観 [日常]

先日WSJでNYのレストランがチップの廃止を検討する記事を
読んだ。

NYのレストランでチップ廃止の動き、業界は戦々恐々

普段チップをもっとはずみたいと思うぐらい良くしてくれるウェイター、
ウェイトレスに会うこともあれば、何ですか貴方?と思うも礼儀上
一定額のチップを置いていくことも少なくない。どちらかというと
気持ちから、というよりは決まりだから、というのが本音。

よく見たらCNNではもっと前から記事になっていた。

米NYで相次ぐチップ廃止、人気レストランにも

チップの廃止は個人的には賛成。プロである以上、誰にでも
平等に接するべきで、雇う側のお店もそれを保証するべき。
雇用および教育は雇い主の責任の範囲で、それを顧客に
一方的にゆだねるのはどうかな、と。

また料理がおいしいのはウェイターではなく、厨房の方なのに
彼らがそれに相応する対価をもらえないのも不思議に思う。
本質を考えれば、レストランのメインの評価(総合ではない)
は味であるべきで、調子をとるウェイター・ウェイトレスでは
ないと思う。(これって日本人的?)。チップないとウェイターの
給料が減るって言うけど、それは経営者が調整するだけで
いいんじゃないの?

先日シカゴでおそらく有名であろう(自分はこういうの詳しくない)
レストランNextで夕食をとる機会があったが、そこは完全予約制
の代わりに、チップ込みの前払い制(=すっきり明瞭会計)であった。
前衛的な料理で、?と思う料理もあったが総じておいしく、また
料理をサーブしながら説明をしてくれた人も、チップがないからと
言って不快にされることは一切なかった。

Next Restaurant

逆に一番ひどい経験はNYCでこれまた有名であろうフレンチ
レストランで、お金を払う前からお店側から「慣例としてチップを○○%
は置いてください。NYCでは最低これぐらいです」と直接説明を受け
たこと。観光客が多いからなのか、それともアジア系で過去に取り
損ねたことがあるのか知らないが、失礼極まりなく不快だった。
チップどころか、飲食代の支払いも拒否しようと思ったぐらい不快で、
どんなにおいしくても2度と行くまいと思った。

上の記事を見ると、チップを大事に考えてるのは偶然かフレンチ
レストランのオーナー。自分の仕事に対しても肝に銘じているが、
過去のやり方に固執して柔軟性に欠け、変化できないオペレーション
をしていると時代から取り残されかねないと僕は思う。自分の職だと
偏屈で頑固な人、と思われるだけでいいけど、ビジネスだとそれで
生き残れるかな?

シカゴのネクスト、昔はこの辺りやぼったかったらしい
next_tapas0.jpg

料理の1例、このときはタパスでした。
next_tapas1.jpg

米海軍視察に関するアメリカの新聞記事 [日常]

コーヒー屋さんに立ち寄ったとき、たまたまあった古新聞
(USA Today)を見たら、一面が以下の記事でした。

U.S., Japanese naval forces stage show of strength

日本の新聞を週末はネットでよく見ていると思ったんだけど、
気づきませんでした。あとから調べると掲載をしてなくない
ようです。

安倍首相が米海軍空母に乗艦 現職首相で初

安倍首相、アメリカ軍空母に乗艦 現職の首相で初 「もはや一国では対応できない」

別に政治的な発言をするのはここでは控えますが、USA Todayでも
一面を飾っていたとなると、こちらでも注目に値する記事なんでしょう。

Although the Japanese fleet review is held every three years, it held added significance this year because of mounting tensions over artificial islands China has built in the South China Sea, as well as new defense legislation in Japan that eases decades-long restrictions on Japan’s military.

(3年おきに海上自衛隊のレビュー行われているが、今年はさらに重要性が加えられた。というのは日本の自衛隊活動の制約を解消する新しい防衛法案が成立したことだけでなく、防衛中国が南シナ海に人口島を建設したことにより緊張が高まっているからだ。

The ship recently completed a year-long modernization program and is considered one of the most powerful ships in the U.S. Navy. Its recent transfer to Japan is part of the U.S. “rebalance” to focus more on Asia.

(ドナルドレーガン艦は1年をかけた改修を最近終え、アメリカ海軍でももっとも強大な船のひとつになった。この艦の日本への配置転換はアジアを重視するため、アメリカのバランス再転換の一部である。)

ま、事実をそのまま書いています。ただしコメント欄が荒れて
いる。明らかに中国系アメリカ人とわかる人が中国の行動を
擁護するコメントをし、その他のアメリカ人が阿呆かとばかり
に反論している。別にどちらかを正当化するつもりはないが、
わがままを聞かされるのは気分のいいものではない。