So-net無料ブログ作成
検索選択

ボストンへ移動 [日常]

ACSMの年会に参加するためボストンに移動してきました。飛行機代節約のため今朝はニューオリンズまで運転しましたが、途中渋滞なく無事空港に着き、飛行機も遅れることなくヒューストンを経由して目的地に着きました。ボストンに来るのはたぶん2003年以来だから、13年ぶり。当時も試合でボストンカレッジやBUに来ただけなので、こうやってダウンタウンに出るのは実質初めてです。

ボストン空港に着いて目についたもの
bostonairport.jpg

やっぱりここはレッドソックスとペイトリオッツのグッズだらけでした(笑)。明日発表なのでこれからもう一度その準備をします。10分しかしゃべれないので、残念ながら対して話せることはありません。

バトンルージュでピザを食す [遊び、観光]

メモリアルデーの週末ということで、何かセールでもなってないかなと思いバトンルージュのモールまで出かけました。結論的に言うと場所によってはセールをやっていました(例:J Crew、30%引き)が、必ずしもメモリアルデーに引っ掛けたものではなかったようです。なんとなくぶらぶらして、早めの夕飯をそこで取りました。

Grimaldi's Coal Brick-Oven Pizzeria
6401 Bluebonnet Blvd., Suite 560, Baton Rouge, LA 70836 (Mall of Louisianaの中)
pizza_BR0.jpg

ここに決めた理由は、外面の見た目。テラスのカウンター席があって、楽しそうにお酒飲みながらピザ食べている人みて、美味しそうだなと。上のHPを見ると色々な州にあってチェーン店のようです。

店内は面白い飾りつけでした。ワインのボトルとかの中に電球が入って天井からぶら下がっていました。よくわかりませんが、ニューヨークを意識しているらしく、地下鉄のシンボルや風景が飾ってありました。

写真は夜の部に入る直前に取ったため誰もいないが、自分が入店したときはほとんど埋まっていた。
pizza_BR2.jpg

お酒飲めないのでワインは遠慮しましたが、前菜と大きなピザを注文しました。メニューにはどのピザがどのワインに合うか、お勧めのものが紹介されていました。今回はBrooklyn Bridgeというトマトベースのピザでした。結構ピザ焼きあがるのを待つので前菜やつまみは必需品です。

pizza_BR1.jpg

薄い生地のピザで食べやすく、味つけも南部には珍しく控えめ、お腹がいっぱいになる前にもううんざり、ということはありませんでした。ただ好みとしてはルイビル在住の時に何度か行ったCoalsのピザの方がおいしかった気がします。

Coals Artisan Pizza
St. Matthews Location: 3730 Frankfort Ave., Louisville, KY 40207

それでもまた来て、ほかの味を確かめようと思います。

ダルビッシュの復帰戦をTV観戦 [日常]

今日仕事しにオフィスに行ったら、冷房が故障したのか意識的に切られていたか、どちらにせよ効いてなかった。この暑さで冷房なしはきつい。仕事にならないので、結局家に戻るはめに。

さてこの辺りにはプロの野球チームはなく、それどころかルイジアナ州全体でもメジャーのチームは存在しないので、一体MLBはどこを中継するんだろう?と思っていましたが、今日たまたまTVをつけたらFOXでレンジャーズの試合を中継していました。どうやら地理的に近いレンジャーズかアストロズの試合を中継するようです。

運よくダルビッシュが投げていました。途中からでしたが意識的にストレート系、どちらかと言うとツーシームを多く投げて、ひじに負担がかかるスライダーが少なかった気がします。球速も出ていたし、今日見る限り安定していました。これでレンジャーズが地区優勝に向けて前進するでしょうか?

個人的には2番手に投げたバーネット投手も気になりました。解説によるとアリゾナ州立大出た後、日本で6年投げてMLB入りを果たしたこと。解説者が日本で何かを得たんだろう、という話でした。調べてみると確かにヤクルトに在籍していたようでした。

退団するのに挑戦後押し!ヤクルトとバーネットの関係が素敵すぎる♪

今日は味方のエラーにも足を引っ張られてスコアリングポジションにランナーを進めましたが、どうにかその回を無失点で乗り切り、ダルビッシュの復帰後初勝利を支えました。日本でも苦労したみたいで、それでも頑張って母国でメジャーリーグでロースター入り。そんな彼も応援したいです。

トレジョもホールフーズもコンベンションセンター近くにあった [日常]

ソフトボール部はオクラホマ大に昨日負けて、今日も残念ながら敗退。カレッジ・ワールドシリーズへの出場は来年以降に持ち越しになりました。少しだけESPN3で録画を観たのですが、オクラホマのピッチャーはやっぱりしっかりしていて打ち合いになりませんでした。それに比べてうちの大学の子は先週ブログに書いた通り見劣りしました。守備も今週は記録に出ていないところでボロがあり、得点差以上の差があった気がします。スピードもないので、打てない時、苦しい時にどう点を取るか、考えてほしいです。

さて昨日から出張先のボストンのことを家に帰ってから調べていますが、ハインズコンベンションセンターの徒歩圏内にトレーダージョーズもホールフーズもあることを確認しました。個人的にこれは非常に便利です。ご飯もここで済ませられるぐらい。

トレーダージョーズ・バックベイ
899 Boylston St, Boston, MA
traderjoesboston.jpg

ホールフーズ
15 Westland Ave, Boston, MA
wholefoods_boston.jpg

さすが都会、どちらも10時まで開いています。いいなぁ。

ボストン空港からハインズコンベンションセンターの行き方 [遊び、観光]

来週ACSMの年会に出席するためボストンに行く予定だが、フライトは予約したものの空港からハインズコンベンションセンターまでの行き方を調べてなかった。タクシーを乗ればそれまでだが、夕方のボストンの交通はいいはずがない。コンベンションセンターはどうやらバックベイ(Back Bay)地区にあるらしいので調べてみた。値段はもちろん5/26/2016現在です。

1. シャトルバス(Logan express)
料金:5ドル2016年6月より7.5ドル(6/5追記)
所要時間:約20分(ラッシュアワーは当たり前だがもっとかかる)
間隔:20分おき( :00, :20, :40、空港行きは朝5時から夜9時、空港発は朝6時から夜10時)
行き先:ハインズコンベンションセンターとコプリーMBTA駅
注意:支払いはクレジットカードのみ

boston_map.jpg

英語だと。。。
Bus Route Stops To Airport

Hynes Convention Center, 900 Boylston Street (opposite Gloucester Street)
Copley T Station, 650 Boylston Street (near Boston Public Library)
Terminal A, B, C, E (Departures Level drop-off)

Bus Route Stops From Airport

Terminal A, B, C, E (Arrivals Level pick-up at Logan Express stops)
Copley Square, St. James Avenue
Hynes Convention Center

Schedule
The bus service will run on a 20-minute schedule (departures occur at :00, :20, :40 past the hour).

Leave Hynes Convention Center to Logan

Daily First Trip: 5:00 a.m.
Last Trip: 9 p.m.

Leave Logan to Back Bay
Daily First Trip: 6:00 a.m.
Last Trip: 10:00 p.m.

2.地下鉄(Blue Line利用)
料金4.75ドル(これはMBTAのHPから算出されたが、なぜ2.65ドルでないのかわからない。別な路線に乗ると均一料金でなくなるのか?)、2.65ドル(6/5ボストン滞在後追記)
所要時間:うまく行って40分くらい?
行き方:空港から無料シャトルバス( Massport Shuttle)で地下鉄駅(Airport Station、Blue Line)に行き、 Bowdoin方面のBlue Line(Inbound)に乗ってGovernment Center駅(4つ目)でGreen Lineに乗り換える。そこではB、C、D行き(隣の駅がPark St., westbound)の電車に乗って、そこから5つ目の駅、Hynes Convention Ctrで降りる。

注:こっちは空港からBlue Lineの駅までが近そうで、乗り換え1回

3.地下鉄(Silver Line利用)
料金:2.65ドル、無料(6/5ボストン滞在後追記)
所要時間:40分ぐらい?
行き方:空港からSL1 Silver Lineの電車に乗って、South Stationに行きRed Lineに乗り換えてPark St.駅に向かう。そこでGreen Line(westbound)に乗り換えて4つ目の駅、 Hynes Convention Ctrで降りる。

これ見ると多少混雑して時間かかってもシャトルバスが楽かなぁ。折角だから地下鉄も乗ってみたいけど、自分がつく時間は多分平日のラッシュアワー時なんだよな。

参考サイト:
The Best Way to Get From Logan Airport to Boston
MBTA(Massachusetts Bay Transportation Authority)

追伸1:切符にはCharlie CardとCharlie Ticketというのがあるらしい。日本語でどうぞ。
アメリカのボストンの地下鉄に乗る時に使う
ボストンの地下鉄(subway)
ボストン「チャーリーカード(Charlie Card)」取材記

追伸2:でも面倒くさそうだから、これをスマホで済ますかも
MBTA mTicket for Commuter Rail and Ferry

追伸3:向こうついたら観光は自転車使うかも
Hubway

追伸4:なんだ日本語の観光案内があった。
マサチューセッツ州政府観光局 公式観光サイト

試験としてのTEAPについて [日常]

ネットを徘徊していたら以下のテストが新設され、日本のいくつかの大学入試に採用される、されていることを知りました。政府としてはTOEFLや他の外国産の試験を採用すると、その利用料が全て海外に流れるから国産のテストを作って国内にお金を回す必要があったのでしょう。

Test of English for Academic Purposes(TEAP、ティープって言うのかな?)

読み書き聞き取り、そしてライティング4つが傾斜配点なく課されるテストとのこと。自分らのときは主に読みと文法のみだったのに、今後大学受験をする高校生以下の学生は大変だなぁ、と思ったのが最初の印象。でも出願方式を見ると受験前にこれ受けて基準点満たせば英語の試験を免除されるとのこと。複数回受けられて、最高点が報告されるのならそれはそれでいいかな、とも思う。アメリカの方式も基本そうだしね。

で試しにHPにあったリスニングの問題(Part 1A)を聞いてみた。授業の内容というより、こちらのキャンパスで生徒同士がよく口にするような会話だった。英語圏の大学進学も視野に入れているのかな。スピードは普通、非常にクリアな会話でした。

個人的にはこれを入学試験に使うのもいいけど、むしろどの大学に行っても4年の間に最低限これ位クリア出来ないと大学卒業したとみなしません、のような卒業試験的なことに使ってもいいかと思うんですがね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

サマーキャンプのお誘い [日常]

大学も夏に入り人の往来が少なく静かで快適です。日本だとまだ5月なのに夏学期(もしくは夏休み)?と思うかもしれませんが、実際暑くなってる上、大学上の暦ではそう言われる(厳密にはMay semesterでSummerではない。夏学期は6月より開始)のでご了承下さい。

ただもう少しすると学生というよりは子供でキャンパスは溢れます。夏といえばサマーキャンプで大学は色々なキャンプを開催します。スポーツの場合だとこちら。

Ragin Cajuns Summer Camps

あえてこのサイトにケチをつけると、競技ごとも大事ですが日付ごとにどこでどんなキャンプがあるか紹介したほうが、キャンプを探す親御さんにとっては便利かなと。

1日だけのキャンプもあれば、泊まりがけで数日(これも通うことは可能)のもあります。教員は残念ながらほとんど関係ありませんが、学生でアスレチックトレーナーをやっていた時はキャンパス内での仕事として可能だったので良いバイトでした。働いていた時、珍しいのか地元TVに取材を受けたこともありました。

自分にとってはアメリカでの夏の風物詩です。

WSJで紹介された米歴史登録財の家、売り出し中 [日常]

今日の午前中は依頼を受けた学生の推薦状書き。これも仕事とは言え、今後何枚もとなると数分で終わるものではないだけに大変な仕事になる可能性大。午後はこちらも頼まれた論文のレビューをやったが、内容がいまいちつかめず、明日また集中して読むことにした。

こんなネタではつまらないので、ウォールストリートジャーナル(WSJ)の記事を紹介。ここから2時間ぐらいの距離にあるアレクサンドリアという街があるのですが、そこの住宅が米歴史登録財で美しく評判とのこと。南部には珍しくパラディアン様式の建築、とのことですが、建築に疎くどこが違うかよくわかりません。

こんな感じ
paradiso_house.jpg

家の中も見たい方は以下のリンクを参照。スライドショーを見れます。

配色が美しい米歴史登録財の邸宅-ルイジアナ州

記事によると、、、

The couple paid approximately $500,000 for the house in 1984. Over the years, they spent about $1.2 million on renovations,
(この夫婦は50万ドル(=約5500万円、1ドル110円で計算)で1984年にこの家を買い、何年もの間、約1.2百万ドル(=約1億3200万円、1ドル110円で計算)でリノベーションした。

どんな仕事をしてるんだろうと思ったら、ご主人はお医者さん、奥さんは元nurse anesthetistだから麻酔を扱える看護婦さんだったとか。日本のこと知りませんが、アメリカだとnurse anesthetistは看護婦の資格取得後働いて、さらに医学部に戻って3年ぐらいまた勉強して資格をとるもの。サウスカロライナ医学部で見た求人広告は、契約金(数万ドル)+6桁ドルのお給料が最初から保証されていたから、人がいない分大変ながらも稼げる職業なんでしょう。

この家がなんと、、、

The couple are selling as they would like to move to Houston to be closer to their grown children.
(大きくなった子供の近くにいくためにヒューストンに引っ越したいので、この家絶賛売り出し中)

とのこと。どなたか資産家の方、ご購入を検討下さい。遊びに行かせていただきますので。

ソフトボールはスーパーリジョナルでオクラホマ大学へ [日常]

ご存知ない方にはどうでもいい内容ですが、うちの大学のソフトボール部が無事リジョナルトーナメントを勝ち抜き、来週スーパーリジョナルでオクラホマ大学と対戦することになりました。

DI College Softball - Bracket | NCAA.com

そもそもDivision 1と言ってもしょぼい方に入るので、投票によっては全米9位でもトーナメントで全体第14シードというのは理解しますが、それでも今回のリージョナルのうちの組み合わせキツすぎない?という話が上がっていました。4チームのうち9位のうちを筆頭に、16位のテキサスA&M、25位のテキサスが入ってるんです。第1シードが16校なんだから、その次に入るのはベスト32まで、その次はベスト48までが順当かと思うのですが、なんでここのトーナメントに上位25校が3校も入ってるんでしょう?という話。予算の都合上地域的に近いところで、というのは理解出来ますが、これで敗退していたらものすごく不満が溜まっていたところでした。

ソフトボールはバッテリー間が短いので、投手が絶対有利。トーナメントを勝ち上がってには通常圧倒的なピッチャーを擁していることが有利で、甲子園顔負けの連投をします。この点で見るとスーパーリジョナルはかなり厳しい。残念ながら投手は並でかなり点をとられること覚悟の上で、打線がノーガードの打ち合いに勝たないといけません。しかも今回は相手がランキング上のため敵地での試合。運も味方につけて接戦を制してくれればと思っています。

プリークネスステークス、ラニ5馬身差の5位(動画) [日常]

アメリカでの3歳馬G1クラシックレース2戦目、プリークネスステークスが今日行われました。当日も雨が降る重馬場で3冠を狙うナイキストにどう影響が出たでしょうか?

動画:


いつも通りでラニちゃんは後方から追いました。今日はさらにレースのペースが速く、彼が途中は画面に入ってきません。同じような毛の色をした馬がいて、さらに泥でラニちゃんが確認しづらかったのですが、最後追い込んで5着でした。でもオッズから予想された通りの着順でしょうか。レース的には重い馬場を得意とするエグジャジャレーターがナイキストに勝って3冠を阻止したのと、彼に初めて土をつけたことを盛んに報道されています。

詳細はわからないのですが、今回のレースはケンタッキーダービーより距離が短く(1マイル3/16)、ラニには決していい条件ではなかったとか。3週間後に行われる3戦目、ベルモントステークスは距離が長い(1マイル1/2)そうなので、追い込み型のラニちゃんにはそちらに期待したいです。

蛇足ですが、私にとって興味を引いたのは、プリークネスステークスでのラニの紹介文。

Lani: Preakness Stakes

Lani has drawn attention for the Japanese style of training, with long gallops on the track mixed with intervals of short, faster sprints.
(ラニは日本式のトレーニングで注目を浴びていて、短く速いスプリントのインターバル走を交えながら長い距離を走る)

アメリカ式だとトレーニング方法が違うのでしょうか?人同様、馬の鍛え方、興味深いです。