So-net無料ブログ作成
検索選択

突然ついた肩書 [日常]

現在の職場で働き始めて2年目。1年目は授業を教えることとグラント書きに専念出来たが、2年目に入りいよいよそれ以外の仕事が増えてきた。本音を言えばほとんどの時間をリサーチに費やしたいのだが、固定給の部分、そして10%はadministrationをやることと契約書に書いてあるので、やらなきゃいけない。うちの学部は生徒数が多いため、生徒に対して他の学部ではありえない数のアドバイジングをこなしているが、それだけでは許してもらえないらしい。

今回はいつの間にかラボコーディネーターという肩書を持つことになった。本来上司から言われていた時期は「来年」からだったが、色々あって今になったようだ。何も前フリもなく「すぐよろしく」とのこと。日本だと内示とかあるが、自分の場合、確認したら学部の案内板にもその肩書がついていた。普段仕事遅いのに、こういう時は早かったりする。

だんだん仕事がたまってきて、テトリスで最後に判断も出来ずにゲームオーバーになる場面に近づいている感があります。ルイジアナ州の高等教育に関する予算が厳しいのはわかるけど、現場もそうとうアップアップしています。どうにかならないものかな、と。

大統領令による入国一時停止と大学側の対応 [日常]

皆さんが知るとおり大統領令によって7つの国からの米国への渡航を一時的に禁止するようになりました。昨日のニュースではそれに反対するAttorney Generalが彼が出演したTV番組さながらに即刻クビになったようです。うちの大学でもこれらの国から来ている留学生や教員がいるはずなのでどうなるのかなぁと思っていたら、案の定学部長と学長からそれぞれメールが来ました。

内容を全て出すのは不適切かと思いますが、要は憂慮の意と何かあったら報告してくれ、というのが学部長から。学長からは大学の多様性へのあらたまったコミットメントとサポート、そして詳細がわかるまでこれらの国出身の人は国外に出ることを控えてくれという連絡でした。大学側もコントロール出来ない事柄だけに、十分に予期できた当たり障りのない範囲の内容ですけど、ないよりはあったほうがいいでしょう。

現在の大統領がいいかどうかどうであれ、彼の政治判断の行方に今まで以上に関心を示さないといけなくなったことは事実のようです。

Lafayetteを日本語にするとき [日常]

日本語でブログをつけていて気づいたことが。自分の住んでいる町Lafayetteをラフィエット、と表記しているが、どうもこれでは検索に引っかからないらしい。ラファイエットといれると、たくさんの検索に引っかかった。

Lafayetteという地名がもともとフランス語から来たことは疑いがない。アメリカで通常Lafayetteと言ったらPurdue大学があるインディアナ州のWest Lafayette、その隣のLafayetteの方が有名であろう。しかし当時からLafayetteを「ラファイエット」と発音したことなければ聞いたこともない。少し調べてみた。

これが自分が認識する発音と近い


ただこんな発音もあった、日本語表記に近いか


さらにこんな動画も。How do you pronounce LaFayette?


確かにノースカロライナにFayettevilleとかあるから「ラフェイエット」と読むのはあるかなぁと思うが、2つ目は全く聞いたことがない。くどいこと言えば3番目の動画に出てる人の奥さんで英語の教師も1番目の発音をしていた。因みに自分の場合アクセントはラフィエットの「エ」(細かくいうとエではなくイェに近いが)に置き、日本語で読まれる「ファ」ではない。

どうでもいいと言えばどうでもいいのですが、気になったので書いておきました。自分の場合は自分が使う今ままでの「ラフィエット」と表記することにします。でも標準のフランス語だとどう発音するんでしょうね。

大学主催の高校生リクルーティングイベントに参加 [日常]

土曜日でしたが大学が年に数回主催する高校生及びそのご父兄向けのリクルーティングイベント、オープンキャンパスに駆り出され参加しました。当たり前ですが私は自分の学科(Exercise Science)の担当でした。

学部の特徴、授業、リサーチそして将来的な就職先を主に話しましたが、以前も書いたように医療系の仕事に子供をつかせたい親御さんが多いこと。PT・OTスクールの合格率やコネなどを聞かれましたが、別にそれらの学校に行かせる予備校ではないんですよね。一般に卒業後それらのプロフェッショナルスクールに行くにはいいGPA(評点平均)に基準以上のGREの点数、十分な動機と経験、そして推薦状なんですが、大学はどちらかというと授業を通じて彼らを振るい落としたり、適正をみたりする側で、必ずしも彼らの希望に応える側ではないんです。誰でもいい成績あげてGPA良くし、過大評価の推薦状書いてそれらの学校にぶちこんでも、そこで卒業に至らずもしくは国家試験に受からずに別の道に進むぐらいなら、学部時点でプランBに移行した方がいいと個人的には思っています。もちろん卒業生もそれなりにいるし、インターンシップの機会や出願までのノウハウは提供しますが、プロフェッショナルスクール合格までに至るには本人の努力と我慢次第なので、あまり彼らが求めている数字は意味のないことだな、と考えていました。数字だけ上げるのならアスレチックトレーニングのように生徒を途中から選抜制にして、その中でも受かりそうもない子をキックアウトさせればいいだけですから。

しかしリクルーティングの一環ですから話はオブラートに包まないといけません。特にうちの学部は学生数が多く、いまだにその数字が毎年伸びていますから大学側からすれば「ドル箱」なんです。その点で事実を全て話せないジレンマが多いセールストークでした。

大学のニックネームを冠した商品の開発 [日常]

大学からのニュースレターで大学とコーヒー屋さんが共同でカスタムブレンドのコーヒーを作り、販売し始めたそうです。

Mello Joy, UL Lafayette unveil custom-blend coffee

メロージョイはラフィエット市に拠点を置くコーヒー会社で、現在は買収されて確か同じルイジアナのバトンルージュに拠点を置くCommunity Coffeeのブランドの1つと聞いたことあります。どちらにしても地元の企業といえるんでしょうか。その会社と組んで、中央及び南アメリカで産のアラビカ豆を利用した香りのあるフレンチローストコーヒーを自分の大学のニックネーム「Ragin’ Cajuns」を冠として売り出すそうです。経済学とかマーケティングには疎いのですが、こういうことをすることで消費者の購買意欲は増すのでしょうか?

記事をよく読むと売上のいくらかが大学やアスレチックスに還元されるみたいです。ただ寄付するよりは敷居が低くなりますね。

本格的な展開はこれからですが、地元ですので購入して一度飲んでみようかなと思います。

RaginCajunsCoffee.png

きのこの山、売れ悩み、ラフィエットの方ご購入を [日常]

自分のオフィスがある建物から40分ほど離れたNIRCでミーティングと仕事をしてきた帰り、どうしてもおトイレに行きたくなり、コストコによりました。無事用を足した後、折角なので店内を少し歩きました。するとふと先日ブログに書いた「きのこの山」のことが頭に浮かびました。売れているかなぁと。

気になってその売場に行くと、あー、残念ながらそれほど売れているとは思えません。もし店員が棚を補充していないと仮定すると、まだ売れたのは10個程度です。これではまずい、と思い大学に戻る帰りですが2個買っておきました。きのこの山大ファンとしては、今後も継続されて入荷していただきたいのです。

ということで、ラフィエットの皆様、ルイジアナにお越しの皆様、もしよろしければ「きのこの山」のご購入をコストコでお願い致します。私は継続してきのこの山が食べたいのです。

たたら侍がルイジアナ・ラフィエットの映画祭で上映! [遊び、観光]

最近よく行く近所の公立図書館で調べものをしていたら、ここルイジアナ州ラフィエットで明日から8日間にわたって映画際が行われることがわかりました。

Cinema on the Bayou Film Festival

もう12回目のようです。図書館の案内だと映画やパネル、文化的な交換を通じてケージャンやクリオールの文化の理解を深めることが目的のようです。それじゃフランス圏の映画が多いのかなと思ったら、、、日本発の映画がたくさん上映するではないですか。特に「Tatara Samurai」は最終日トリで上映されるようです。日本語で映画を見られるとあって迷わずチケットを買いました。でもどんな映画なんだろう?

たたら侍(日本語公式HP)

すでにモントリオール世界映画祭で最優秀芸術賞、インドのディレクターズ・フォートナイト・コルカタ映画祭で金の女神賞(グランプリ)に輝いたようです。それなのに日本公開は5月20日。その他パキスタンやロンドンなど海外の映画祭でも見れるようですが、それでも日本より早く見れてラッキーかな。

日本映画は主に1/31の12:30以降、2/1の1:00以降に短いもの、長いもの含めて20本ほど上映されるようです。

Schedule

ラフィエット近郊に住まれている日本人の方は私の知る限り総勢10数人程度しかいないので、近郊にいらっしゃる方はお時間を見つけて来ていただき、日本映画を盛り上げていただけたらと思います。

lafayette_cinema_festival.jpg

おまけ(追伸を読むときはクリックを)


今年の授業初め [日常]

今学期先週から授業が始まっていましたが、シラバスを配ってどうやって講義を進める、こういうことはしないでね、といったことだけを話したので、実質的な授業は今週からでした。今晩の授業は去年も担当したので慌ててパワポを1から作り込むことはないのですが、それでも色々と反省があって、また新しい情報を加えたかったのでそれなりに時間をかけて作り直しました。

久しぶりに3時間近くしゃべり続けるのは疲れました。座っていた生徒も同様だったかと思います。大学院の授業で週1回しか会えないので色々な内容を詰め込まないといけないのですが、一方で人は3時間も集中出来るわけもなく、ましてや夜の授業だけに聞いているだけだと眠くなるのも必然です。どうにかメリハリつけて、学生も起きていられるよう能動的にしゃべる機会を増やして、適度に休憩もとって、やっていこうかと思っています。

飛行機から取ったラフィエット市付近の写真、はい、緑が多いです
imageedit_1_2805155806.jpg

グリーンベイ敗退に思うこと [日常]

今日のNFLの試合、どちらの試合も一方的でした。グリーンベイとアトランタの試合はいつも通り後半から見ようかと思ったのですが、テレビをつけようとした時点で31-0と大差がついていたことがわかったので辞めました。先週も指摘したように守備セカンダリーのザル度が露呈したようです。ファルコンズのJ.Jonesにやられまくりました。今シーズンけが人が多くて特に守備は本来の姿ではないかも知れませんが、スタメンが全員揃ったとしても強力とは思えません。一方で比較的安定していた攻撃ラインの数人がFA市場に出るようです。ドラフトではどのポジションを優先して取るんでしょうか、関心はもうそちらに向かっています。ジュリアスペッパーは引退かなぁ、まだやるのかなぁ。

探したらQBのロジャースも同じようなことをコメントしていました。

Aaron Rodgers: Packers need to 'reload a little bit'

チームを再建(rebuild)するほどではないけど、補填(reload)が必要だ、と。でもグリーンベイは日ハムのようにお金には厳しいからFAでそれほど引き止めるとも思えないし、来年は陣容がかなり変わるんじゃないかなぁ。ドラフトでもGMが好むトレードダウン繰り返して下位指名の選手を増やし、その中から数人拾い物があればっていう戦略を今年はとるのではないかと。

iOS非対応プリンタ・プリンタサーバ経由でiPad等から印刷する方法 [日常]

昨日の続きです。

構築したネットワークでWindows機器からはワイヤレスで印刷出来ましたが、iPadやiPhoneからは出来ませんでした。プリンタサーバがiOSに対応していないからだと思いますが、一応ネットで紹介されていたiOSのアプリ、例えば

ePrint(HP用?)
Brother iPrint & Scan(プリンタがブラザー製のため)

など試しましたが、プリンタサーバ経由のプリンタを認識出来ないか、認識しても印刷出来ませんでした。昨日書き忘れましたが、多少お金を出していいのならプリンタサーバはLantronix xPrintServerみたいなのがいいかと思います。どんなプリンタでもAirPrintを可能にしてくれます。

仕方ないのでGoogleクラウドプリントを利用すべく、ChromeをiOS機器(例えばiPadやIPhone)にダウンロードし、色々なサイトですでに書かれている方法で設定を行いました。

自分が参考にしたサイト
Google クラウド プリント

PCからはすぐにうまく行きました。しかしiPadからはChromeでgmailやGoogle Driveでファイルを開いた時のみ、印刷出来ました。Chromeで閲覧しているウェブページを直接ワイヤレスで印刷することは出来ませんでした。「共有」でプリンタが見つからないのです。理由を少し考えてみましたが、今回のネットワークはWindows PC(つまりChrome)がプリンタサーバをやっておらず、受け手がいないからうまくいかないのかと想像しました。

PCをプリンタサーバとした例はここ

AirPrint非対応プリンタでもiOSから印刷ができるGoogleクラウドプリント

自分の場合もプリンタをWindows PCにUSB経由で接続すればこの方法が取れるますが、普段使用しているPCをプリンタサーバにするのは好みでないし、ネットワーク構築上分業の点からも余りスマートとは思えません。

つまり上のサイトにも書いてありますが、専用のアプリが必要かなと。また以下のサイトも内容の勝手な理解の手助けとなりました。あってるとは限りませんので悪しからず。

参考サイト:
どこからでも印刷ができる Google Cloud Print

そこで専用のアプリを検討しました。

Quick Print via Google Cloud Print (iPhone用は$19.99、iPad用は$12.99)
PrintCentral Pro、$7.99
Printer Pro、$6.99

Lite版があるものはそれで試しましたがプリンタを認識出来てうまくいきそうですが、アプリの値段がひっかかりました。iPadからの印刷を恐らくメインで使うわけではないので、もう少し安くとりあえず使えるアプリがないかなと思って探したら、ありました。

gCloud Print

値段は$0.99です。導入してみるとプリンタを認識し、無線からもウェブサイトの印刷出来ました。ブラウザから直接ではなく一旦pdfにしてから印刷していました。残念な点は印刷ページを指定出来ず(全てのページを印刷)、折角プリンタは両面印刷出来るのにこのアプリからは片面印刷しか出来ません。しかし一応一通り出来るようになったのでこれで終わりにすることにしました。iOS機器からの印刷する機会が増えるのなら上のアプリにアップグレードすればいいだけの話ですから。

以上、wifi機能のないプリンターに古くて安いプリンタサーバを取り付けて、Windows PC、iPad、iPhone全てから無線で印刷出来るようにした件でした。同様な構成でもっと簡単に出来る方法をご存知でしたらご指南いただけると有り難いです。