So-net無料ブログ作成

Linux Mint 17.3でスワップを防止する [Linux mint]

昨日導入したLinux Mintですが、ブラウザやソフトを複数使っていると極端に遅くなることがわかりました。どうにかならないかなぁと思って調べたら、LinuxはRAMが空いていても、SWAP領域を元々使う設定(vm.swappiness=60)になっているようです。

Linux Mint 17 最初の設定方法

1GBしかないRAMですが、それでもまだ空きはあったのでこちらを使ってもらいたい所。上のサイトは0を推奨していますが、他の英語のサイトでは10を推奨していたので、まずは10にして様子を観ることにしました。

Increase performance by reducing swappiness

まずは上の英語のサイトの通り

cat /proc/sys/vm/swappiness

でvm.swappinessが60であることを確認。さてこれを変更です。

一時的に変えるのなら、コマンド一つで出来ました。

Permission denied on key while trying to change the swappiness- Ubuntu 12.10

sudo sysctl vm.swappiness=10

しかしこれだとOSを再起動してしまうと元の60に戻ります。

再起動しても変わらないようにするためには上のサイトの通りにやります。実際それで私もうまく行きました。

他に参考にしたサイトは以下の2つ。

How do I make my Mint faster.
Speed up your Mint!

ただやっぱりもっさり感は否めないです。せめてメモリを最大の2GBにして、スワップしないようにしてあげようかな。それほど高くなくてもわざわざHDDからSSDに変えてもこのマシンで投資に見合うような結果が得られるとは思えないし。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Linux Mint 17.3をネットブックに導入してみた [Linux mint]

ネットブックを再活用するために先日の結果からLinux Mint 17.3をHDDに入れることにしました。私の場合表示は英語で、でも必要なときに日本語入力が出来るようにすることを目標にしました。またN280というCPUは64ビットに対応していないので32 ビット版のLinux Mintを導入です。因みに私のネットブックのスペックはおととい(5月28日)のブログを参照下さい。

64bit 対応CPU 一覧表

結論から言うとインストールはあっけなく終わりました。すでにUSBメモリにISOイメージがあったので、それをUSBスロットに指し起動。デスクトップ上のInstall Linux Mintのアイコンをダブルクリックしただけです。この時点でWifiには繋がらなかったのでLANケーブルを指し、Welcomeで「英語」を、次に「ディスクを削除してLinux Mint(つまりXPとさよなら)をインストール」を選択、ID、パスワードなどを設定したあとは勝手に進んでくれました。

(2)Linux Mint Mateのインストール

一度再起動してUSBメモリを抜いた後、HDDからも立ち上がることを確認。さらにここでWifiを設定してみたら、何事もなく繋がりました。何でUSBメモリでOSを立ち上げたときは繋がらなかったか、不思議です。タイプミスでもしたんでしょうか。

インストールはすんなり行きましたが、時間がかかったのはシステムアップデートです。デスクトップの右下の通知領域に、システムアップデートを知らせるアイコンがあったのでクリックしたらたくさんあり(レベル1-3)、それでも288MBだからすぐ終わるかなぁって思って何も考えず「アップデートをインストール」をクリックしたら、3時間ぐらいずっとアップデートしていました。止まることはありませんでしたが、遅いこと、遅いこと。これはレベル1のものから少しずつやった方が良かった気がします。

(3)Linux Mint Mateのインストール直後に行っておきたい5つのこと

最後に日本語の入力を出来るよう上のサイトの言うとおりにしました。Menu→Preference→LanguageでInput MethodからFcitxを選択。「Add support for Fcitx」をクリック後、しばらくインストール。さらに「Install the optional components」が出てきたのでそれも導入しました。最後にInput Methodを「Fcitx」に変更して再起動しました。上のHPだとこれで日本語入力出来るみたいですが、自分の場合はまだ出来ませんでした。色々と見てみるとMenu→Preference→Fcitx 設定からInput Methodのタブを選択し、そこで下の「+(追加)」ボタンからMozcを入れることで解決しました。

しかしよく見るとFcitxのメニューが中国語になっていました。どうやら中国語が表示されるfcitx-qimpanelが間違ってインストールされるのが問題なようで、取り除く必要がありました。これはfcitx-ui-qimpanelパッケージをアンインストールするべく、端末(terminal)から

sudo apt-get remove fcitx-ui-qimpanel

を実行し、中国語メニューの下から2番目をクリックしてFcitxを再起動させればいいようです。

fcitx が中国語メニューになっておいしい。いや、気持ち悪い。
Linux Mint 17.1に見るCJKへの無理解

これで無事解決し、私の場合英語のメニューが出てきました。

決して早くはないですが、ネットサーフ出来、LibreOfficeで日本語、英語の文書も作成可能になりました。マウスはまだ使っていませんが、ネットブックのタッチパッドでもiPadでの指の操作感より良い感じです。まだ改善の余地はありますが、これなら外出先など限定的な用途で使えそうかな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

佐藤琢磨インディ500での優勝に関するツイートに対して私感 [日常]

昨日Linuxについて試行錯誤している間に、インディ500があったことをすっかり忘れていました。携帯に入ったニュースで「佐藤琢磨、Indy500優勝」って出てきてびっくりし、慌ててネットを開いて優勝シーンや、最後に先頭車を抜き去ったシーンを見ました。インディアナポリスから2時間のルイビルに居た2013年、インディ500を見に行ったとき(インディアナポリスでインディ500を観戦(動画つき))を思い出しました。前年最後に優勝を狙って惜しくもスピンしたのでもしやに期待しましたが、彼のマシンの状態がそれほど良くなくあまり上位に来ることなく終わった年でしたが、それでも大観衆とマシンの爆音、そしてそれによる頭痛(耳栓もしくはヘッドフォン必須)に圧倒されたことをよく覚えています。そんなこともあって今回の優勝に非常に感動してしまいました。

ただ問題はその後、デンバーのとある記者のツイートが物議を醸したようです。私見を言えばこのような感情が心の奥底にある人は少なからずいるかと思いますが、記者として地方紙とは言え名前が知れている人がツイッターに投稿してしまったのは不幸でした。ツイッターがどれだけ公なのかわかりませんが、会社として規範がありそれに接触しこのような判断になったと推測します。プロとして処分されたわけで、多少個人的には厳しいかなと思いますが、現在のネット、そしてアメリカ社会をよく反映してるなと感じました。

当然という人と、謹慎でいいのでは?という意見がコメント欄で見れる。例えば以下のサイト。

Denver Post columnist fired after ‘disrespectful’ tweet about Japanese driver’s Indianapolis 500 victory(ワシントンポスト)

調べてみるとやっぱり記者は白人でした。ここからは色眼鏡的な考察になりますが、ニューズウィーク紙の記事を引用します。

佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

(インディ500など)こうしたモータースポーツが好きなのは、アメリカの「白人貧困層=草の根保守=トランプ支持層」だけという側面もあります。

(インディよりもう少し市販車に近い車両を使った「NASCAR」というカテゴリのレースも人気があり)この NASCAR はある種「保守的な白人層を象徴する」と言われ、反対に、東西の沿岸に住むリベラルには全く無関係なカルチャーと言っても良いわけです。プリウスに乗っている人には完全に「別の国の話」です。

自分の在米経験から照らし合わせてみてもこの考察は的を得ていると思います。これから私がこの騒動に対して何を言わんか察していただけると話が早いです(笑)。

彼の発言そのものを確認してみました。自分の英語の感覚で言うと日本語サイトで見かけた「個人的な関係はないが」、という和訳にちょっと違和感を覚えました。

Sportswriter Tweets That Japanese Indy 500 Winner Makes Him ‘Uncomfortable’(NBC News)

最初のツイートを読む限り彼は感情的になってツイートしたとは思えず、むしろかなり配慮して書いたと感じました。「Nothing specifically personal, but I am very uncomfortable...」のくだりです。自分なら「佐藤琢磨に悪気はないが、メモリアルデーの週末に日本人がインディで勝ったことに対して余りいい気がしない」ぐらいに訳すかな。ともあれ本音をもらしちゃった。それに対しリベラル(本当の、それとも自称も含む)な方々が批判し、ふと我に返った本人が体裁を整えるために謝罪したけども現在の表面的な(偽善的とも言う)アメリカ社会の規律により制裁を受けた、というのが今回の真相なんじゃないでしょうか。一方で昨年新しい大統領を担ぎ出したサイレントマジョリティの人々は今回も沈黙を保った。つまり全く大騒ぎするような話ではなく、アメリカに住んでいれば自分の回りでも程度の差はあれ頻繁に起きていることで驚くに値しないな、というのが率直な感想です。

ちなみに米紙では佐藤琢磨さんは沈黙を保っている、と書かれていますが日本語だと2種類の記事が。

佐藤選手、米紙記者の解雇「残念」=自身の優勝に差別的投稿
インディ500優勝の佐藤琢磨 差別的投稿に「とても残念なこと」

個人的には彼が言わんとしたことは前者な気がします。優勝を記念してニューヨーク市内の各地を訪れた際に報道陣に対応した、とだけ書かれているので日本語で対応したか、英語で対応したかわかりかねますが。

P.S. 佐藤琢磨さんと言えば、以前インタビューで見事なBritish Accentの英語を話されていましたが、これだけアメリカが長いとアメリカ英語になったんでしょうか?今回の英語のインタビュー内容だけは以下のサイトで確認出来ます。

Motor racing: Shy Sato braces for spotlight after Indy 500 win
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ネットブックOS入れ替えのためのLinuxを検討 [Linux mint]

iPad Proを幸運にも手に入れたものの、マウスがないとどうも使い勝手悪く、かと言ってアップルペンシルは高すぎるので、出先でメールに簡単な書類やファイルを閲覧出来るPCを買おうかと検討してみました。ただ現在予算が厳しく、Windowsを諦めChrome bookでも買おうかとも思いましたが、よくよく考えたら部屋に眠っているXPが載ったネットブックに軽いLinuxを入れればいいことに気が付きました。これなら小さくて軽いけどキーボードもマウスも使えます。近い将来お給料が上がるまで持ちこたえてくれれば御の字です。

ということで昔のネットブックでも乗せられそうな軽いLinuxを探しました。勿論Linuxに関してはド素人なので、簡単にインストール出来るのが条件です。以前、Puppy LinuxをUSBからブートして試して動くのは確認しましたが、どうも作りが子供っぽくてHDDにインストールはしませんでした。

自分が持っているネットブック

Toshiba NB205-N210

CPU: Intel Atom N280 / 1.66 GHz
キャッシュ:L2 - 512 KB
Data Bus Speed:667 MHz
チップセット:Mobile Intel 945GSE Express
メモリ:1GB
HDD: 160GB
画像解析度:1024 x 600 (WSVGA)

アメリカで買ったので全く同じ機種を持っている方は少ないと思うけど、2009年発売のネットブックだとどこも似たようなスペックではないでしょうか。ネットで「ネットブック」「リナックス」「再活用」などをキーワードに幾つかサイトを徘徊しました。最初ChromiumOSがいいかな、と思ったのですが、よく読むとこのネットブックのスペックでは無理そう。Linux Beanもいいかと思いましたが、製作者が熊本地震で被災されて開発が途切れているとのこと。結局KonaLinuxとLinux Mintで迷いましたが、Windowsからの鞍替え組にも優しく、サポートが先まである後者を試すことにしました。

まずは何か問題あってはいけないので、PCのBIOSをアップデートしておきました。これはここのPCベンダーによるので、ご自分の機種に合わせてご確認下さい。

さてLinux Mintの中でもいくつかエディションがありますが、初心者のためMate(32 bit版)を試すことにしました。一番新しいバージョンは2017年5月現在18.1のようです。USBメモリ(自分の場合8GBのもの)を用意し、以下のサイトの通りにそのメモリにISOイメージを書き込み、上のPCにメモリを差し込んで起動させ、F2でUSBからの起動を優先させると、見事Linux Mintが立ち上がりました。

(1)Linux Mint Mateのインストール用USBメモリーの作成/Live起動(このサイトは自分にとって完璧でした、1から4まで読むことをおすすめします。但しUSBメモリの中にWindowsのファイルが入っていると全て見えなくなるのでISOファイルを書き込むときは注意!)

しかし遅い。USB2.0のメモリから起動したからかも知れませんが、自分としては使えるレベルとは思えませんでした。ちょっと調べると、18.1の必要なスペックはその一つ前のLTE版である17.3のそれより少し高いようです。

Linux Mint の種類

従って17.3を試すことにしました。このバージョンだってサポートは2019年まであります。

2007年ネットブックPC に Linux Mint 17.3 “Rosa” MATE を導入
(この方はISOイメージをDVDに焼き付けて、インストールしています)

18.1を導入した時と全く同じやり方で17.3のISOファイルをUSBに入れ、PCに差し込み起動しました。いくらかですが、こちらのが確かに早かったです。念のためLANケーブルを差し込んでネットをしてみましたが、無事出来ました。操作性はウインドーズに限りなく近く、LibreOfficeもすでに入っていて使えそうです。

ということで、Linux Mint MATE ver. 17.3を明日以降実際にHDDにインストールしてみて、使ってみることにしました。XP入っててももう使わないから、このネットブック必要なら色々なLinux入れて遊び倒すことにします。

P.S. ちなみにメインで使っているNotebook(それでもCore i3-3120、メモリは8GB)にも同じUSBを指して使ったら非常にキビキビしていて、快適でした。デュアルブートにしてこちらでも使おうかな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ウェストチェイス@ヒューストンのトレーダージョーズへ [トレーダージョーズ]

用があってヒューストンに行ったので、帰り際トレーダージョーズにも立ち寄りました。日本食スーパー「大道」さんからすぐ近くのところですが、初めて行きました。

Trader Joe's
11683 Westheimer Rd, Houston, TX 77077
tjwestheimer0.jpg

モールの一角にあり、郊外のせいか駐車場が十分にあります。アースカラーがテキサスっぽい。
TJhouston1.jpg

中に入るとWestchase店って書いてありました。
TJhouston2.jpg

壁にはいかにもヒューストン、という絵が満載です。
TJhouston3.jpg

このドームは何?コンパックのアリーナ?
TJhouston4.jpg

ずばりNASA、トレーダージョーズのアロハ着た宇宙飛行士
TJhouston5.jpg

今日目についたのは、これ。ルイジアナでは見たことありません。テキサスだけ売っているのか、それとも新製品なのか。レジの人は見たことないから新製品じゃない?と言っていました。
TJhouston6.jpg

あと、これ。Cowboy Barkもテキサスだけじゃないかなぁ。うちの州で見たことない。
TJhouston7.jpg

どちらも買ってみました。さて美味しいでしょうか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ルイジアナ州ブルサード市付近の州道90号が高架式に [日常]

大学のオフィスからNIRCに向かう途中常に州道90号(US Hwy 90)を使うのですが、朝夕はこの道混みます。そうでなくてもラフィエットは左右にI-10、北からI-49があって交差しているのに、ここから市内、そして南に向かうには高速道路が途絶え非常に便が悪いです。まるで陸の孤島。大きな予算が必要となるラフィエット市より、予算的に有利な(つまりもっと田舎)南側にあるブルサード市付近の交差点の工事がいち早く着工されています。

道路が高架式へ、Broussard付近(US Hwy 90)
I49lafayette.jpg

The Broussard I-49 Connector: Moving Forward

この辺り列車も通ったり、小さな道が90に入り込んでいたり、と非常に走りにくいので、早く完成して欲しいです。予定どおり2018年早期に完成するといいのですが。そしたら自分のアパートからNIRCに行く時間も少しは短縮されそうだし。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

スピード違反の切符を切られた! [日常]

今日家に戻ると何故か州からお手紙が。もう税金に申告時期は終わったのにな、と思って開いたら、スピード違反したので罰金払って下さい、という通知。えー、嘘でしょう?

このあたりにはたくさんのねずみ取りがあります。普段も飛ばす方ではないと思うし、そのカメラがある場所も覚えているので捕まるわけない、と思っていたのですが、捕まった住所を調べてみるとカメラの存在を知らないところで取られていました。

しかし見せられている写真は自分の車のナンバープレート。時速13マイルオーバーって書いてあるけど、これだけじゃ証拠不十分じゃない、と率直に思いますがそこはアメリカ、納得しないといけません。勿論申し立てをして裁判をしてもいいのですが、こっちも証拠がないわけでひっくり返るとも思えない。つまり議論の余地はありません。

ねずみ取りって基本未だにドップラー効果を利用して速度を推定していると思うけど、現在の機器の誤差は何%ぐらいなんでしょうか?ラフィエットの財政が苦しいのはわかりますが、人がいないところで週末に時速48マイル出して罰金取られるのって腑に落ちません。って言ってもだめか。

50ドル罰金取られてかなり気分が凹みました。あー。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

日記をつけることの意義 [日常]

基本留学して1年後ぐらいから日記をつけ始めたので、その習慣が出来てかれこれ16年近くの月日が経とうとしています。最近リンクを貼っていただいたお陰からか1日50ビューを超えている日が多くありますが、元々は非常にほそぼそとしたもの。ほとんど連絡出来なかった親へのせめてもの毎日の報告だけが目的でした。生存証明ともいいます。

ただ自分も間違いなく人生の半分を終え下り坂を下っていて、生物の性としてその延長にはいつかは死があるのも自明で、子供がいない自分の場合、結局何のためになるんだろう?と考えてみました。結論は自分の生き方に興味を持った人が入れば、少しは参考になるかな、と。いれば?という仮定でいなくてもいい訳で、その辺はあやふやです。

色々な場所を借りて書き留めてきたのですが、最近html形式に統一してひとつのサイトに残すことを始めました。たくさん検索にヒットされるためには、古いサイトを消したり、複数の同じ文章を一時的でもネット上に掲載することは得策ではないのですが、自分のサイトを広めたいわけではなく個人的な理由でそうしているのでよしとすることにします。

現在2001年から2010年中頃まではバックアップをとって、自分がお金を出して借りているスペースのHPに掲載しました。全て移行が完了したら、日記のためにお借りしていたアカウントを返上する予定です。無料でお借りしていたのに2001年から今まで落ちたことを経験したことがない非常に優秀なサーバでした。感謝ともにその管理の負担を少しでも減らせればと思っています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

WWEのプロレス@ルイジアナ、6月 [日常]

夏休み、と言っていいのかわかりませんが、春学期が終わったのに相変わらずやること満載です。いつも通りオフィスに行き、午後遅くにNIRCで細胞さんの世話をしてきました。うまく育っておらず心配です。

自分のオフィスがあるエリアのすぐ近くにラフィエットのコンベンションセンターとケージャンドームがあるのですが、珍しく回りをフェンスで囲い始めています。晩、NIRCに向かうときになると移動式遊園地の車がたくさん入ってきて、遊技場を建設し始めていました。こんな時期に何かあるのかな?と思って探してみたら、地元のステート・フェアが5月25日からあるようです。

Cajun Heartland State Fair

家族持ちの人にはいいかな。ただ以前ステート・フェアで乗った高速観覧車で振り落とされそうになった経験から、自分は行かないでしょう。でも別なものを6月12日に見つけました。

WWE RAW Lafayette

プロレスです(笑)。実は嫌いじゃありません。日本人だと戸澤選手が来るのかな。まだマッチアップを確認出来ませんが。

Tozawa Akira

一方でRAWだと中村選手見れないんだよなぁと思って探したら6月13日にニューオリンズで試合がありました。

WWE SMACKDOWN NEW ORLEANS

どうせ行くならこっちに行こうかなぁ。平日だけど。ちょっと悩む所です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

内科受診しました [日常]

3月の健康診断でひっかかり、数値が2年連続改善していないのでしぶしぶ医師の判断を仰ぐことになりました。普段は健康で元気なんですが、血液の数値が悪いのです。中性脂肪とか肝臓の酵素の数値です。年齢もあるんでしょうが、デスクワークが多くて動かないことが問題でしょう。いわゆる成人病です。

実は3月半ばに予約を入れたのですが、一番早くて2ヶ月後、というので2ヶ月待って受診となりました。これが緊急だったら、もしくは医師の紹介があればすぐ予約が入るのですが、普段の生活に支障がないとアメリカでは恐ろしく待つことになります。いつものように身長、体重、心拍数を測定後、健康診断の数値を見せ、問診、触診を受けEKGを取ったのですが、うーん、たぶん問題ないとのこと。確かに待合室で待っていた明らかに深刻な症状に苦しんでいる方々に比べれば、何しに来たの?ぐらいに思うでしょう。

一応もう少し確認したい数値があるため、血液を採取されましたがそれだけでした。バランスの取れた食事と継続的な運動を勧められました。普段授業で自分が口酸っぱく生徒に言っている言葉です。

2ヶ月待って、まぁ、こんな結果でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog