So-net無料ブログ作成
検索選択

アチャファラヤ盆地の橋 [遊び、観光]

ここラフィエットからバトンルージュに行くためには通常I-10を使いますが、途中非常に長い橋を渡ります。アチャファラヤ・ベイスン・ブリッジというのですが、それはそれは長く途中で出口もないので、事故に遭遇したら大変なんです。しかも下はスワンプ(湿地帯)で落っこちたら恐らく泥沼、さらにワニや獰猛な魚がいるかもしれず、まったく安心できません。

一方でこの橋から見ることができる景色は壮観です。初めてきた人なら湿地帯、もしくはミシシッピデルタの壮大な自然にびっくりすると思います。自分の場合何度通っていますがそれでも見飽きません。また水位の上下が激しいのですが、木々がどれだけ水に浸かっているかで景色も変わり面白いです。調べたところによるとオールド川制御機構によりミシシッピ川上流から約30%の水が流れるように調整されているようです。

アチャファラヤ川 (ATCHAFALAYA RIVER)

確かに水量を見ると最近どれだけ雨が降ったか、思い出させてくれます。また橋自体は18.2マイルにわたり、長さではアメリカで3番目、インターステイトとしては2番目、世界では14番目だそうです。

Atchafalaya Basin Bridge

今日も通りましたが、よくこんな所に橋をかけたな、と感心しながら運転しました。特に緑が美しかったです。

この橋のイメージビデオ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog