So-net無料ブログ作成

スタバのスターリワード、有効期限があった [日常]

アメリカのスタバだとリワードプログラムに加入すれば、毎回買うごとにスターがたまり、125スター集まると何でもサイズにも関わらず一杯無料になることは以前にも書きました。しがない地方公務員でお酒も飲めない自分は、スタバでコーヒーを飲むながら作業するのが唯一といっていい息抜きで(大げさ?)、ずいぶんと利用しているためスターが溜まって無料で5杯分ぐらい飲める状況でした。

ところが自分のスマホのスタバアプリでお知らせマークが。またキャンペーンかと思って開けると、「133のスターがもうすぐ失効します」とのこと。よく見たら7月1日になくなるらしい。それは大変と思い今日NIRCからの帰り際スタバに立ち寄り、一番大きいサイズのマンゴブラックティーを飲みました。今日は朝早くから実験して疲れたなぁと思っていただけに、アイスティーの美味しさは格別でした。

在米のスタバ利用者の皆さん、スターの有効期限には気をつけて。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Boomtownコーヒー@ヒューストン [遊び、観光]

先日ヒューストンに行った際、立ち寄った珈琲屋さんが美味しかったので、その報告を。

Boomtown Coffee
242 W. 19TH ST. HOUSTON, TX 77008

Greater Heightsという地区にあるようです。
bloomtown0.jpg

実は以前別なところで飲んで美味しかったので、今回本店(?)に行ってみました。スモールバッチで自家焙煎したコーヒーのようです。スモールバッチというとバーボンウイスキーを思い出しますが、コーヒーにもあるんですね。

入り口
boomtown2.jpg

入り口から中まで結構混んでいました。お店の中は色々と絵が飾られて、学生や若いサラリーマンで賑わっていました。

boomtown1.jpg

価格帯は多少高めですが、酸味が少なく飲みやすいコーヒーでした。豆を一緒に買ったのですが、そしたら一杯はコーヒーをおまけしてくれました。

もっと近くても提供してくれればいいのに、と思います。ラフィエットだとThe Labあたりで出してくれそうでしたが、あそこはダウンタウンのReve coffeeに買収されてしまって傘下に入ったので、以前のように他社産のコーヒーを実験的(だからThe Labという名前でした)に提供してくれそうもありません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ヒューストンのJacinto Cityで立ち寄ったメキシカンレストラン [遊び、観光]

買い出しを午後に行ったため夕方のヒューストンの渋滞にハマり、車は高速で立ち往生。なかなか抜けられず、東に抜けたときは夕飯の時間になっていました。仕方ないので、I-10を少し東に走った所で夜ご飯をとることに。前から気になってはいたのですが、比較的スペイン語の看板が多いところでメキシコ料理のレストランを探してみました。Jacinto Cityという所らしく、行き着いたところはここ。

Blanquita’s Mexican Restaurant(Facebook)
10615 Market Rd, Houston, Texas, TX 77029
jacintocity.jpg

本当に適当に見つけたので、まずは英語が通じるか心配だったのですが(人のことは言えませんが)、中に入ると英語で挨拶を受けまずは一安心。さらにクレジットカードも使えるようでさらに安心しました。

まずお通しのサルサが辛かったこと。ちょっとびっくりしました。注文したのはエンチラーダにタコス、それにお豆とご飯がついたものですが、2皿に分かれて出てきてびっくり、さらにそのボリュームにびっくりしました。ダイエット中なのですが、全て食べてしまいました。さらに安さにもびっくりで、ボリュームの割に安く感じました。

ネットをみると色々と意見はあるようですが、私の印象は良かったです。混んでいなかったのが良かったのかもしれません。また来てみたいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

NATAのコンベンションへ [日常]

学会というほどではないですが、所属する全米アスレチックトレーナー協会のコンベンションに参加すべくヒューストンに移動しています。主な目的は資格を維持するための授業拝聴、そしてこの分野でどんな研究をしているか覗き見です。本来は月曜日から金曜日までやっているのですが、スケジュールの都合上1日だけの参加にしました。

ヒューストンのダウンタウンエリアに余り行ったことがなかったのと、途中の大雨で目的の駐車場探しに苦労しましたが、どうにか車を止めて会場に向かいました。コンベンションセンターは綺麗で、比較的便がいいところにあるように思えました。

しかし慌てていて写真撮り忘れた。。。

コンベンションに登録後、展示場エリアを徘徊して最近のプロダクトの動向をチェック。その後ポスター発表を少し見ましたが、余り関心を持てる内容がなくすぐに目的の資格維持のための講義へ。全く題目を確認していませんでしたが、自分の研究に近く発表者も他で何度か見かけた人。この会議の参加者にあった内容かどうかは怪しいですが、私なりにはお金払って聞いて、発表者とも個人的に話せたので良しとしました。

久しぶりに違う学会に参加するのも楽しいものです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

アメリカでも部屋ごとに冷房を入れたい [日常]

アメリカのアパートに住むとほぼ100%冷房暖房を部屋ごとに設定出来ず、1箇所で集中管理です。例えば今自分しか部屋におらず自分の部屋だけに冷房を入れたくても、全ての部屋を同じ温度にしか設定出来ない仕組みです。一方でそのシステム自体がちゃちいので、部屋によって温度がかなり代わることもアメリカン・スタンダードといえます。

つまり何を言いたいかと言うと、非常に無駄が多いのです。これはパリ協定を批准する、しないにも関わらずこの国では私が知る限り、ビルではなく家、アパートレベルでも多くの場合そうです。小さな冷房(=部屋ごと)が窓に取り付けられているのを見かけることもありますが、それは多くの場合あまり治安のよろしくない場所ではあったりします。取り付け方も雑で外から見て本当に汚いです。

どうにかならないのかなぁと思っていたのですが、先日コストコでこんなものを見つけました。

airconditioner.jpg

少しは日本の空調に近いのでしょうか?買っていないのでどうダクトを窓に取り付けるかは不明ですが、空調ごと窓に取り付けるよりはスマートです。将来自分が家に住むことがあれば、検討したいなと思いました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

NATAの資格維持のためのEBP [日常]

アメリカに来て最初の3年を投資したアスレティックトレーナー(AT)の資格を維持するためには、2年毎に教育を継続していることを示すこと(CEU、Countinues Educational Unit)が必要となっています。大学でリサーチをしている以上、合計で求められている50単位を満たすことは非常に簡単なのですが、面倒なのはその中で10単位はEvidence Based Practice (EBP) CEUというカテゴリーに属する基準から申請をしないといけないこと。世の中の流れかと思いますが、その内容が正直お金を出して(そうお金がかかる!)受講するようなものでないのが多く、苦痛以外何ものでもありません。

NATAのエントリーレベル教育プログラムが2022年にすべて修士過程のみになり(つまり学部レベルは廃止)、大学院出たら論文ぐらい読めて理解しないとだめ、ということでこういう措置だとは理解しますが、ATという職業の歴史、置かれている立場、そして研究と呼べるほどたいした研究を自分がしていないのに他人に押し付けるのはどうかな?というのが私の意見です。エビデンスベース、といいながらその証拠となるデータの良し悪しを根本的に理解できるほどラボで働いた経験を持ち、訓練と経験を持ったATの教員なんてほんの一握りしかいないでしょうから。

とぶつぶつ思いながらも今年度末の報告期日までには何も変わらないでしょうから、言われた通りにEBPの単位をとるべく、オンラインのクラスを受講(ただし無料なもののみ)しました。なるべく時間をかけないようにしながら7時間分、終えました。あと3時間分、どこかで受講して合計最低の10時間にしないといけません。どうしよう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

また後ろぶつけられた [日常]

コストコに買い出しに行った後、家に戻ろうとしたとき、大通りに合流するための誘導路で停車中にまた後ろからぶつけられました。前も詰まっていたので、その勢いで自分の車は前の車にも衝突、玉突き事故になりました。すぐに外に出て証拠写真を取ろうとしたら、すでに後ろの車は車を動かして証拠隠滅。ぶつかった箇所をみると大したことはなかったのですが、相手の態度もあり、警察呼んで(911でディスパッチャーに現在車を止めていた場所を伝え、来てもらうようにお願いした)レポートをもらうことにしました。

また、というのは3月にも学内で学生に停車中に後ろからぶつけられました。その場では素直に謝られ、必要な情報を交換したのですが、その後修理するための見積もりを3つ出したら、無視。親か彼氏に助言をもらったのか、完全にばっくれることを決め込んだようです。保険会社を使ってもよかったのですが、自分の大学の学生だし、これで刑事告訴も自分の時間の無駄なので結局何もしないで時間が過ぎていましたが、そしたら今度は別な所でこれです。

こちらの人はぶつかってバンパーにちょっとぐらいの傷がついても大したことない、と勝手に思うようですが、古かろうと大切に車に乗りたいゆえ許せません。事実、今回はぶつけた車のフロントバンパーがはずれて下にぶらーん、となっているぐらいでしたから、「大したことない」わけないのです。ぶつけられたこっちだって乗っていて衝撃はあったし、その後も1日気分的にも何かもやもやとしていましたから。

ということで傷の大きい小さいに関わらず、今回は加害者と交渉せず保険会社を通すことにしました。相手がこれ以上虚偽の発言をして抵抗しないことを望みます。

P.S. 相手はプログレッシブと保険会社に加入していましたが、その書類にあった一言がアメリカ社会をよく反映しています。ぶつけた時のアドバイスが「Don't admit fault」、つまり誤ちを認めるな、ということです。この国では正直ものは馬鹿をみるで、自分を守るために人に対して常に攻撃的にならざるを得ません。もっともこれがグローバルスタンダードかと思うので、気の優しい日本人は気をつけないといけません。

保険会社のアドバイス:
progressive.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

お世話になった人の退職記念パーティ [日常]

今日は同じ学部のあるスタッフの退職記念パーティでした。彼女は33年に渡ってここに勤めて、学部の発展に貢献しました。教員ではありませんでしたが、ある意味教員以上に貢献していたかと思います。彼女にお世話になった学生は多いでしょう。私的には彼女の代わりを勤める新任の方が慣れるまで、かなりの期間我慢を強いられるのでは?と戦々恐々としています。

日本だと退職のときには「お疲れ様でした」というのが普通だと思うのですが、お祝いカードを見ると「おめでとう」というのが多かったです。語感の違いだとは思うのですが、この方がいいですね。退職後、何するの?という話をしている方が楽しいです。

テーブルに添えられたお花が綺麗だったので撮っておきました。

flower.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ホールフーズのバラ売り餅アイス [日常]

熱帯暴風雨のシンディは早朝ルイジアナ西端に上陸したものの、幸いにもラフィエット地域は予想より弱い雨量、風で済みました。大学も問題なく再開し、キャンプに来ていたキッズの声も聞こえました。これ以上被害が広がらないこと、そして被害に合った地域の一日も早い復旧を祈っています。

といいながら、北の方で大雨降ると結局ミシシッピ川下流に水が流れて増水して、時間差でこの辺りに被害があることも大いにあるので、まだまだガードを下げることは出来ません。

さて最近アマゾンに買収されることで記事になったホールフーズですが、行ってみると餅アイスがバラ売りで売っていることに気づきました。

mochiice1.jpg

8種類の中から好きなものを自分で選べ、1個より6個単位で買った方が割引です。私は抹茶とダブルチョコ、マンゴにラズベリーを買いましたが、いわゆる餅アイスで美味しかったです。特に抹茶は抹茶の味がしてびっくりしました。この他に緑茶もあったかと思います。

餅アイス!!!
mochiice2.jpg

餅アイスがこのように売られるなんて、アメリカでも少しは市民権を獲得したんでしょうか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

シンディのいい意味で肩透かし [日常]

熱帯暴風雨シンディは海上で足踏みしていたらしく、ここラフィエットは今日1日全くの肩透かしをくらった感じでした。朝一番でNIRCに行き、必要なことだけをやってきてアパートに戻ってきたのですが、いつまでたっても曇り時々晴れ。午前中は持つという最初の予報が、午後4時にサンダーストームになり、それがいつの間にか夜中11時過ぎにサンダーストーム始まる、と変化。結局暴風雨が来たのは12時過ぎてからでした。つまり今日1日はなんでもなかったのでした。

どうやら雨による洪水など今日被害が大きかったのは東側のミシシッピやアラバマのようです。子供が亡くなくなった、というニュースも聞きました。その方面にお住まいの方、十分にお気をつけ下さい。

ちなみにメキシコ湾岸にハリケーンなどが来ると、ガソリンの値段上昇も心配になります。実際今回の暴風雨でルイジアナ沖の石油採掘所では1つのリグ(油田?)と14のプラットフォームを閉鎖して従業員を避難させ、これによりメキシコ湾沖で取れる原油が17%減るようですが、恐らく閉鎖による経済への影響はないだろう、とのことです。消費者としてはちょっと一安心です。暴風雨が早くさっていつも平常運転にいち早く戻れることを祈るばかりです。

TS Cindy affecting oil and gas production; 40 platforms and 1 rig evacuated
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog