So-net無料ブログ作成
ワードプレス ブログトップ

バリュードメインで取得したドメインをコアサーバーで使用し、ワードプレスを設置その1 [ワードプレス]

機会があってバリュードメインで取得したドメインをコアサーバーで使えるようにし、そこにワードプレスを設置しました。2016年11月13日現在のやり方です。参考にしたサイトは以下の2つ。ほとんどそのままで出来ましたが、多少の画面変更があるので、それを掲載します。

バリュードメインで取得したドメインをコアサーバーで使用する
コアサーバーにワードプレスを設置する

バリュードメインでDNS(ネームサーバー)の設定
1.バリュードメイン(VALUE DOMAIN)のトップページ、右上の「ログイン」をクリックします。
DNS1.jpg

2. 「ユーザー名」と「パスワード」を入力し、「ログイン」をクリック。
DNS2.jpg

3. メニューの「ドメイン」をクリック
DNS3.jpg

4. 「登録済みドメインを検索」で自分のドメインを入れて検索(自分の場合レジストラのまま)
DNS4.jpg

5. 自分のドメインが表示されるはずです。下方にある「DNS/URL」をクリック。複数あるときは変更したいドメイン名の右側に表示されている「DNS/URL」をクリック。
DNS5.jpg

6. 上の部分はいじらず。下の「当サービス内サーバーの自動DNS設定」のドロップダウンメニューで自分が契約しているサーバーを選択します。どのサーバーか分からない場合は、コアサーバーのコントロールパネルに表示されているとのこと。

DNS6.jpg

7. 「下の保存ボタンを押してください」というウィンドウがポップアップされるので「OK」をクリックし、画面下側の「保存」をクリックする。

これでDNSの設定は完了です。

コアサーバー側の設定
1. 同じ画面で「コアサーバー」をクリックする。
DNS7.jpg

2. 取得済みのコアサーバーアカウントから「ウェブ」をクリックします。
DNS8.jpg

3. ドメイン情報入力の画面が出るので、自分が使いたいドメインをシンプルに入れました。つまり「Main」欄に「blank」と入力し、「Sub1」欄に今回設定するドメインを入力しました。
DNS9.jpg

4. 下の「ドメイン設定」をクリック。変更完了のメッセージが表示され、ドメイン設定を完了しました。
DNS10.jpg

長くなったので続く。

XAMPPでローカル環境を構築して再現後、インポート/エクスポートによりサーバ引っ越し [ワードプレス]

今日も備忘録です。先日Hostingerでスペースを借りて
ワードプレスを立ち上げましたが、今日は移行の話です。

引っ越しするにあたりバックアップをずっと取っていたと
思っていたら、最近はうまくとれていないことが分かり、
結局一番確実な2013年12月のもの(DBとファイル)を
使用することにした。

ワードプレス3.0.1から3.7.1へアップグレード

その時はinoveというテーマを使っていたが、久しくアップデート
されていないことと、スマホなどレスポンシブ対応でないため
新しいテーマ「Syntax」を使用することにした。このテーマで見ると
どれだけ壊れて見えるか調べるため、ローカル環境でワードプレス
を立ち上げて確認してからHostingerのサーバに反映させることに
した。使用したのはXAMPP。

以下のサイトに非常にお世話になりました。

XAMPP for Windows にWordPressのテスト環境を構築する手順

XAMPPコントロールパネルを開けると案の定エラーが。
Netstatで見るとポート(80, 443)が競合しているらしい。
そこで以下のサイトを参照。

XAMPPでApacheが起動しない場合の対処法
XAMPP(Apache)とIISの共存(ポート問題の解決)

どうやらスカイプとIISが悪者らしいので、スカイプはプログラム
を手動で終了。IISは前者のブログ通りにやって停止させた。
そもそも自分のPCでIIS立ち上げておく必要ないし。
これで無事Apacheが立ち上がった。

後は最初のブログの通りやっていった。自分の場合、XAMPPの
Webサーバーにワードプレスはディレクトリを作ってやったが、
このブログでは、

※ 以降の説明は、「wordpress」ディレクトリにインストールする場合の説明になります。

と書いてあったがそのまま読むとWordPressの管理画面に
ログインする所で問題にあたった。少し考えればわかるのだが、
自分の場合は「wordpress」のフォルダ下にワードプレスを
インストールしたので

管理画面のURL: http://localhost/wordpress/wp-admin/

でないとログイン画面に行かなかった。これ以外でもMySQL
のDBファイルが大きすぎたので、php.iniでupload_max_filesize
を大きくしたり、自分の単純な作業ミスでデータベースを最初うまく
インポートできなかったりしたが、これもよく考えて解決。最後に
wp-conentも入れ替えておしまい、と思いきや当時のパスワードを
忘れてしまい、ログインできない事態に。また調べると、

WordPressでパスワードを忘れた時のログイン方法

に書いてあり、この通りphpMyAdminを使ってパスワードを
変更して無事ログイン完了。記事が移行出来ていて、2013年
12月当時の環境をローカルで再現できたことを確認した。やれやれ。

Syntaxにテーマを変えた後、見栄えはそれほど変わらないと
思ったので、最近借りたHostingerのサーバに引っ越しを決行した。
DBはphpMyAdminよりWordPressの「インポート/エクスポート」
を利用した方が簡単、っていうので、ローカルの環境でエクスポート
してファイル(.xml)を吐き出して保存した。次にHostingerの環境の
ワードプレスでWordPress Importerというプラグインを導入し、先に
保存したxmlファイルをインポートさせた。

WordPressの「インポート/エクスポート」を使ってサイトをバックアップし復元する

自分の場合、うまく画像が表示されなかったが数が少ないので
後で手動でリンクを張りなおすことにした。

使っていないが参考:
WordPressサイトの移行後、インポートした投稿や固定ページの画像が表示されない

残りはFTPのソフトを使ってwp-conentをHostingerの環境に入れ
変えて終了。確認すると無事2013年12月当時の環境をHostinger
でも再現出来ていた。めでたし、めでたし。

P.S. その後別なプラグインを入れて便宜を図ったが、Syntaxだと
WP-PageNaviがそのままでは効かない模様。要対応かな。
ワードプレス ブログトップ