So-net無料ブログ作成
検索選択
グリーンカード ブログトップ

I-485に関する必要書類 [グリーンカード]

今日はグリーンカード申請に関する備忘録です。I-140は未だに出せていません。推薦状を色々な方にお願いしたのはいいのですが、前もってお願いしたのが4月初旬、なのに弁護士がなかなかことを進めず実際に依頼のメールを送ったのが5月中旬。鉄は熱いうちに打て、といいますが、承諾しても1ヶ月以上したら普通忘れてしまいます。

待っていても仕方ないので、現在H-1Bを所持している関係上、次に必要となるI-485について調べ始めました。私の弁護士の場合本人は$1,500の弁護料ですが、さっと読みましたが自分で十分できそうです。

I-485 Application to Register Permanent Residence or Adjust Status
(ここにフォームやインストラクションのpdfが全てあります)

かかる費用は以下にpdfがあります。

G-1055, Fee Schedule(確かに2017年6月現在のI-485申請料金は$1,140、そしてバイオメトリクス(指紋採取)費用$85、合計一人あたり$1,225かかります)

実際、I-485自体はインストラクションを読みながら数十分足らずで全て記入出来ました。後は必要書類の確認です。3ページ目のInitial Evidenceにかかれています。

1. 犯罪歴に関する書類(自分は必要なし)
2. Birth Certificate(出生証明)の書類
3. Copy of passport page with nonimmigrant visa(自分の場合H-1Bビザがあるページのコピー)
4. 写真2枚(30日以内に撮ったカラー写真2枚、サイズなどに注意、裏に鉛筆で名前を書く)
5. 指紋採取(I-485提出後、USCISから指定された場所に行って指紋を取られるらしい)
6.  Police Clearance(自分には関係ないはず)
7. 健康診断書(I-693、健康診断とワクチン接種証明、難民出ない限り必要)
8. Biographic Information Sheet(G-325A、自分のことを説明する書類かな)
9. Confirmation of Bona Fide Job Offer(Supplement J、雇用証明、I-140とI-485を一緒に出す場合は、USCISが後から求めてくるからいらないらしい。またEB-1AやEB-2でNIWの人はいらないとのこと)
10. Evidence of eligibility(自分が申請出来る根拠、これはI-140を先に出した場合、受理された手紙のコピーが必要かな)
11から13. 自分には関係なし
14. Other basis of eligibility(何か他に必要なコピーがあれば、って書いてあるけど何だろ?I-94でも出せばいいのかな?)
15. Public Assistance(これも自分に関係なし)

ということで時間がかかりそうなのは、2(出生証明)と7(健康診断書)でしょうか。日本人の場合2はどうやら戸籍謄本の原本を取り寄せ、英訳し、戸籍謄本の英訳が正しいことを証明する文書Certificate of translation authenticityが必要なようです。でもこれってH-1Bの申請時もやった気がします。健康診断は指定のお医者さん(civil surgeon)にやってもらう必要があるようです。

Finding a Medical Doctor(費用はお医者に寄って違うとのこと。同じことするのに値段が違うとはアメリカらしい。)

ただ読むとワクチン接種履歴が必要らしく、これは母子手帳などどこから引っ張り出さないといけないから、一番時間がかかるかな。自分の場合、動物施設で働く時に全て提出しているので、そこに確認すればいいからまだ楽だとは思います。

で地元でそれをやってくれるお医者さんを探すサイト(アメリカ国内の場合)はここ。

Find a Doctor

ラフィエット市内では一人だけいました。まだいただけでもよかったです。予約が必要でどれだけ待たされるか確認してみる必要はありそうです。

これを調べて色々と読むのに半日ぐらいかけましたが、確信しました。「自分で出来ます」。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

グリーンカード申請に関する弁護士へのいらいら [グリーンカード]

3月25日にやった確定申告ですが、記録を見ると既にFederalの方は振り込みのプロセスが始まったようです。元々自分のお金だけど、戻ってくるのは嬉しいもの。今月は財政がきついので何をするわけではありませんが、心の余裕になります。一方でルイジアナ州の確定申告もアクセプトされた、というメッセージをもらいました。これで2016年分の申告は無事終了です。よかった、よかった。

今日は弁護士とグリーンカードの申請状況について電話しました。メールで連絡しても依頼前のようにレスポンスが来ず、不満がたまって直接話をきくことに。H-1Bの申請締め切り間際で忙しいとのこと。でも自分で締め切り設定したくせに遅れることが多いのはいただけません。自分の忙しさは他人にはわかりませんから。しかもこの弁護士、やった経験はある、と言っていてもどうも科学の知識が疎いようで、私が提出した大幅に優しく書いた研究内容の理解度もいまいちで、どうしたものか頭を抱えています。大学内の知り合いからの強い推薦で彼女にしましたが、正直仕事の進め方もいまいちで、お金払っているのになぜ自分がこれほどリーダーシップを取らないといけないのか理解に苦しみます。

他の同様な立場の人がどのように申請手続きを進めたのか、ちょっと聞いてみたいところです。こんなに自分が動かないといけないのかなぁって。だったら時間犠牲にしても自分で申請したかった、とすら思います。今のところ数千ドル払う予定の仕事の仕方ではなく、自分が若かったらとっくに首を宣告しているぐらいです。選択間違ったかなぁ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

グリーンカード取得費用比較(2016年11月現在) [グリーンカード]

ビザなどの申請費用が上がる、というので慌てて弁護士を探している。自分のケースはそれほど難しくはないと勝手に思っているのだが、参考までに状況を伝えておくと、、、

現在のビザ:H-1B
雇用主:アメリカ州立大学、テニュア・トラック
犯罪歴:なし
米国滞在の違反:なし
最終学歴:Ph.D. (@アメリカの大学)

問題は現在雇用している大学がグリーン・カードのサポートの有無をよく知らないこと。自分で申請するとなるとEB-1aかEB2-NIW(National Interest Waiver)となる。どの程度リスクがあるか、という自分の問題は棚上げして、費用を調べてみた。これがびっくり、HPで公表されているのをみる限りほぼ同じなんですね。どちらもlabor certificationの取得を免除されるので、違いは早く審査して結果を教えてくれるかどうか(premium processing, EB1のみ可能,$1,225)のようです。

で問題の弁護士費用はHPで公開しているものを紹介すると、、、

A社:I-140:$5,000(前金$2,400 + 認可時$2,600)+I-485:本人$1,800 +追加$700)
B社:I-140:$5,000(前金$2,500 + 認可時$2,500)+I-485:本人$1,500 +2人だと$1,800)
C社:I-140:$5,000 +I-485:本人$1,500 +追加$750)
D社:I-140:$2,900(前金$1,500 + 認可時$1,400)+I-485:本人$600 +追加$600)

A社:http://www.wegreened.com/Legal-Fees
B社:https://www.hooyou.com/eb-1/attorney_fee.html
C社:今回話をした弁護士
D社:https://www.usavisanow.com/immigration-attorney-services-and-fees/

もちろんこれとは別に申請費用(I-140が$580、12/23以降$700、I-485が$1,070、12/23以降$1,140 per person)がかかってきます。

D社はめちゃ安なんですが(もしかしてHPの情報が古い?)、他はほぼ横一線。D社は自分でも出来るよキットすら提供しています。ここはお金をケチるところでもない気がするけど、一方で懐は寂しいし。悩みどころです。

ビザやグリーンカードの申請料金値上げ [グリーンカード]

先日、別な移民法の弁護士さんと会う機会があってグリーンカード取得について話をしたのですが、そもそもの申請費用(移民局への代金)が今年の12月23日から値上げするそうです。今度は2025年まで変わらないっていうけど本当かな。

例えば:

I-140(Immigrant Petition for Alien Worker、永住権嘆願書)$580→$700
I-485(Application to Register Permanent Residence or Adjust Status、米国移民局に対する申請)$1,070→1,140
I-765(Employment Authorization Card、労働許可証、OPTのときに出すもの)$380→$410

詳細は以下のHPを参照下さい。

Final Rule on USCIS Filing Fee Schedule: Increases in Filing Fees Beginning December 23rd
File Now to Save! USCIS Publishes Proposed Filing Fee Increases!

給料はこんな割合で上がらないのに、困ったものです。早く申請しろってことかな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

弁護士さんにビザの相談 [グリーンカード]

うちの大学でお世話になっている移民法の弁護士さんがニューオリンズから来校する用事がある、というのでグリーンカードについて話を聞いてみることにしました。もっともこれは同僚が調べてくれて自分はそれに乗っただけなのですが、いい勉強になりました。自分の備忘録のために書いておくと自分らの現況を鑑みた場合、

1. Green Card Through a Job Offer
2. Green Card Through Self Petition

の2つのオプションがあるそう。それで前者がその弁護士のFirst choiceでなぜならコントロール出来る余地が高いから。問題は雇用のプロセスから18ヶ月経っていないこと。経ってしまっている場合大学側があらためて広告を出し、適任者が自分しかいないことを証明するプロセス(Labor certification)と費用が大学側にかかってしまうことだとか。またこの方法でグリーンカードを取得する場合、後者よりは早く取れるものの取得後6ヶ月同じ雇用主に縛られること、また取得途中で雇用主を変更した場合、1からやり直さないといけないことが問題点として挙げられるとのこと。

後者は自分でやるので全て費用は自己負担。弁護士もコントロール出来ないところが多く、時間もかかるとのこと。ただしこちらはお金を積んでプレミアム申請が出来るらしい。一方で雇用主による縛りはなく、他の所に移っても最初からやる必要はないとのこと。

近々また申請料金もあがるとのこと。やっぱり始めた方がいいのかな、さっさと。
グリーンカード ブログトップ