So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

Ichiro選手引退 [日常]

色々なところで記事になっていると思います。今更説明の必要もないでしょう。イチロー選手が引退をしました。故郷への凱旋とはいえ、メジャーの世界で活躍が期待出来ないのに公式戦で2試合も使ってくれるなんて異例中の異例で、彼の功績の配慮と尊敬の度合いがなせるわざかと思います。半日遅れでこの記事を書いていますが、MLB.comのトップ画像は以下のようになっています。

ichiro_farewell.jpg

ESPNの野球のページはこうです。

ichiro_farewell_espn.jpg

Sports Illustratedによる動画


記念に残しておきます。マリナーズはチームとしてもこうやって花道を用意し日本まで来て開幕戦を行っても2連勝出来たので、ホッとしているのでは。

ちなみに個人的に気に入った記事を引用しておきます。



(イチローが初めてメジャーで試合をした時も、最後の試合もマリナーズがアスレチックスに5-4で勝った)

2つ目、ESPNの記事から。

Leading current Japanese stars' ages when Ichiro debuted: Yu Darvish 14, Masahiro Tanaka 12, Yusei Kikuchi 9, Shohei Ohtani 6
(イチローがMLBデビューした時の以下のスター選手の年齢:ダルビッシュ14歳、田中12歳、菊池9歳、大谷6歳)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

論文用の図の解析度を1000dpi以上にすることの検討 [日常]

先日論文がアクセプトされた、と書きましたが最終的な論文のフォーマットが残っていました。提出した図の解析度が足らず、受付けられないと編集側から伝えられたのです。今までパワーポイント上で図表をまとめてきましたが、色々と調べるとそれでは今後だめそうなことがよくわかってきました。

求められたのはdpiが1000以上であること。今回蛍光顕微鏡などで撮影したデータがあるわけではなく白黒のみで特別拡大するわけでもないので、別にpdfのベクターデータで良さそうなものですが、だめとのこと。仕方なくすべての図をtiff形式で保存、抽出することにしました。最初にわかったのはどんなに画素の高い画像(>1200 dpi)をパワポにはりつけてtiffで保存しても96 dpiに落ちてしまうこと。これはパワポのデフォルト設定のようです。以下のサイトのようにレジストリをいじると300 dpi(正確には307 dpi)まで上げること出来るようですが、1000 dpiにはほど遠いのでした。

How to change the export resolution of a PowerPoint slide

ネットを徘徊するとビットマップデータを扱うのならPhotoshop、ベクターデータをいじるのならIllustratorと書いてあります。

「ビットマップデータ」と「ベクターデータ」の違い

私のようにあまりお金をかけられない人だと前者がGimp、後者がInkscapeという無料ソフトになるようです。確かに調べれば色々とやり方が書いてありますが、アクセプトされた自分の論文の図を変えずに最初からそれらで作り直すには大変な時間がかかりそうなことがわかりました。まずは操作方法を学ばないといけませんから。

今回はお金がかかってもいいから直接パワポの図を1000 dpi以上の解析度でtiffに出来ないか、と蛇の道に入ってみたら、3つほど候補が出てきました。

印刷可能なあらゆるファイルを、PDF / PNG / JPG / TIFF に変換!「Doro PDF Writer」
Creating High Resolution TIFF Images for Journal Publication
Universal document converter

すべて試してみました。最初のものは1000 dpi以上を保ってくれるのですが、画像が何故か粗くなってしまいました。2つ目と3つ目は評価版で試してみたところどちらもうまくいくようでした。ファイルのプロパティを調べても必要な1000 dpi以上の数値になっていました。ただ問題は無料の評価版だとどちらもウォーターマークがはいってしまうこと。つまりこの方法でtiffファイルを得る場合、正式版を購入しないといけないようです。前者がサポート付きのシングルライセンスで1年135ドル、後者はおそらく買い取りで$69。特別他の機能を考えなければ、間違いなく後者ですかね。

一晩悩んでみることにします。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

短大経由と4大に直接入学する生徒の質の違い [日常]

今学期も教員がやる必要があるとは思えない学生へのアドバイジングをやらされる時期になりました。本来なら生徒が自分でカリキュラムを理解し、自分でどんなクラスを来学期とるか決めればよく、もし読んでもわからないことがあれば担当の事務の人に聞けばいい話。またはDegree Worksという大学から提供されているソフトウェア上で自分で取った科目と取っていない科目を入力すれば、卒業までに必要な科目と現在登録可能なクラスが勝手に出てくるのですが、大学のアドミン側が十分に生徒にやり方を伝達しておらず、生徒は案内が来ていても知らず存ぜずといい、結局に教員が目の前でPC開いて教えるはめになっているのが現状です。働かないこれら職員にもっと言いたいことがありますが、今日はこの辺りで止めておきましょう。

さてアドバイジングですが、生徒の背景をよく知ることになります。現在の大学での成績のみならず高校や短大での成績、そしてSATやACTの点まで見ることになります。あくまでも個人的な意見(もっともほかの多くの教員は共感してくれると思いますが)だと短大経由して4大に編入した生徒は良い成績を維持するのに苦労している割合が明らかに高いです。もっと悲観的に言えば卒業できずにドロップアウトしていく確率が直接4大に入学する生徒よりも高いです。高校での成績や経済的な問題などで短大に進んでから4大に編入、というルートはアメリカでは非常に一般的ですが、実際は少なからずスムーズに行かないことが多いです。短大の先生方を揶揄するつもりは全くないですが、生徒の母集団を考えた場合テストの問題が易しいもしくは採点が甘くなる傾向があるようで、4大側ではその学科で肝となる単位を短大でとっても認めず、改めて取り直させることが増えてきました。また卒業後のプロフェッショナル・スクールでもPre-requisiteに関しても短大での単位を認めず、卒業した4大での単位のみを認めると明記しているところが私が知る限り少なくありません。

日本の留学業者さんの邪魔をするつもりは全くないですが、私費留学を考える方はTOEFLなしでの留学、短大経由しての大学学位取得という甘い話は必ずしもお金の節約にならず、本人の希望にも沿わないことが多々あることを理解した上で検討、契約されることをお勧めします。アメリカでは日本と比べて教育の質が授業料の高さによく比例していると言っても間違いとは思えませんから。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の3件 | -

おススメ

PVアクセスランキング にほんブログ村